若者言葉を聞いて日本語の乱れを指摘する声は少なくない

出典 http://www.musu-b.com

正しい日本語、美しい日本語。

いつの時代でも言われてきたとは思いますが、若者の言葉の乱れについて指摘する声というのは存在しますよね。

そんな若者言葉についてある新聞に書かれているコラムが現在ツイッターをにぎわせているようです。

ツイッターユーザーのreplore(@replore)さんが投稿したのは2月5日の新聞に書かれたコラム。

紙面によると最近の若者は「仮」という言葉について、ちょっと変わった使い方をするんだそうです。

仮採用、仮免許、仮契約など、「仮」のつく言葉は多い。

まだ正式でない状態を指す。

最近の若者は「ガールフレンド(仮)」といった使い方もする。

交際間もなく、友達と恋人の間で揺れ惑う心模様が「仮」に現れている

出典 https://twitter.com

なんとガールフレンドにまで”仮”をつけてしまうという最近の若者たち。

”友達と恋人の間で揺れ惑う心模様が「仮」に現れている”としているこのコラムに『最近の若者はそんなことにまで「仮」をつけちゃうのかよ!』とイライラする方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この若者言葉について書かれたコラムには、多くのユーザーから「なにをいってるんだこれ?」、「最近の若者×→サイバーエージェント⚪︎」など、首を傾げるような声が寄せられているようです。

そう、おそらくそれは『ガールフレンド(仮)』のこと

出典 http://vcard.ameba.jp

株式会社サイバーエージェントが提供するスマートフォン向け学園恋愛ゲーム『ガールフレンド(仮)』

たくさんいるガールフレンド候補の中から運命の女の子を捜し求め続けるという、昨年には会員数700万人を突破した大ヒットゲームです。

おそらく、この恋愛ゲームの話をしている人の声を聞き、「ああ、友人と恋人の間で揺れ惑っているんだなぁ」と思ってしまったであろうこのコラムの筆者。

このことについてツイッターでは「意味わかってないよね?」「揺れ動いているのは二次元と三次元の間である」など反響を呼んでいるようです。

コラムの筆者にも、ぜひ遊んでもらいたい「ガールフレンド(仮)」

例え若者でなくともこのゲームにはまることで「ガールフレンド」に”仮”をつけてしまう自分にハッとするかもしれません。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス