なかなか無くなることのない詐欺の被害

Licensed by gettyimages ®

『自分は絶対大丈夫』

そうは思っていても常に新しい手口が生まれるなど、なかなか無くなることのない詐欺被害。

現在ツイッターでは、ユーザーが公開した”ある詐欺行為の手口”について注目が集まっているようです。

現在話題になっているのは、れいたぬ(澪光/れいみ) (@midorima9nine)さんが投稿したこちらのツイート。

ある日、帰宅すると見覚えのない不在表が入っていたという投稿者。

この宛て先に名前がなく苗字しか記載されていなかったという代金引換、投稿者やその家族も頼んだ覚えがなかったため検索してみたところ多数の詐欺報告が見つかったんだそうです。

「悪質な霊感商法・開運グッズ・占い・除霊・霊視によるトラブルが増えております」の注意と共にウェブに掲載されている会社の社名が記載された不在表。現在、この会社のホームページはすでに削除されているようです。

結局、ドライバーさんには身に覚えない荷物だとして受け取り拒否したという投稿者ですが、この”送りつけ詐欺”と思われる手口を公開したツイートは2万回以上もリツイートされ、何か買った時とタイミングが合ったら受け取ってしまうかも知れない」「スニーカーって書いてあったらアウトだわ」など、多くの人から驚きの声が寄せられています。

少額で払いやすい金額を請求してくるという特徴も…

Licensed by gettyimages ®

6000円弱という支払いやすい金額に設定されていることにも注目。

代金引換の場合、当然、代金を支払わなければ開封して中身を確認することが出来ません。

自身に覚えがなくても「家族が注文したのかも」と思い代金を支払ってしまうといったこともありそうですが、こういった場合、受け取りを保留することができるため、例え少額であったとしても、必ず家族に確認してから受け取るようにしなくてはいけませんね。

バレてしまっても社名を変えさえすれば何度でも行うことができる送りつけ詐欺。

あとで悔しい思いをしないためにも、心当たりのない代金引換については受け取らないようにするに越したことはないようですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス