大人から子どもまで日本人が大好きな”お刺身”

Licensed by gettyimages ®

古くから日本人に愛される魚料理といえば「お刺身」です。

特に何をするわけでもなく、切った魚を並べてるだけなのにとってもおいしい!

大人も子ども大好きで一年中、それぞれ季節に沿った旬の味を楽しめるのも嬉しいですよね。

しかし、スーパーで買った特売のお刺身を食べてみると、やっぱりお店で食べるのと比べて、なんだか味気ないような気がするといった人も多いのではないでしょうか?

おいしいお刺身を食べるにはお醤油が大切!

Licensed by gettyimages ®

理由はいくつかあるかと思いますが、そのなかでも今回注目したいのは”家庭用の醤油”とお店で使っている”醤油”の違い。

今よりも、もっとおいしく”魚”を食べるためには、お醤油を変えてみるといった方法があると思います。

お店で出されるコクがあってとろっとしたあのお醤油、実は家庭でも簡単に作ることができるんだそうです。

老舗が教える簡単なのにおいしいお醤油の作り方

出典 http://syoemon.com

家庭で簡単に作れる「煮切り醤油」を紹介しているのは富山に店を構える「庄右衛門元祖関野屋」さん。

明治21年開業以来、6代に渡り至高の「ますのすし」を作り続ける「庄右衛門元祖関野屋」が教える、お寿司屋さんで出てくるあのお醤油の作り方。

では、作り方を見てみましょう。

①みりんと日本酒を1:1で混ぜ合わせ、なべに入れて火にかけます
②軽く煮立ててアルコールを飛ばします
③濃口醤油を①で作ったものと同量入れて火を止めます
(例 みりん10cc 日本酒10cc 濃口醤油20cc)

出典 http://syoemon.com

たったこれだけで、おいしい「煮切り醤油」が完成!

関野屋さんによると、この煮切り醤油は普通のお醤油と比べ「えぐみ」が少なく魚の味を最大限に引き立ててくれるんだそう。

もちろん、出来立ては熱々のためよく冷ましてから使うようにして下さいね。

家庭で食べるお刺身が手軽にワンランクアップ!

Licensed by gettyimages ®

これで家庭で食べる”お刺身”がワンランクアップすることは間違いなし。

老舗が教える「煮切り醤油」で、おいしいお刺身を食べてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス