◎今井絵理子が政界進出!?

ダンスボーカルグループ「SPEED」のメンバーで歌手の今井絵理子さん(32)を、自民党が夏の参院選の比例代表候補の目玉候補として擁立する方向で調整していると、時事ドットコムなどが2月5日に伝えた。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

個人的に、"SPEED"というと年少のダンスボーカルグループというイメージしか御座いませんので、今井絵理子さんの「政界進出」の可能性を問われても正直、ピンとこないのが本音といったところでしょうか。

◎なぜ、今井絵理子に白羽の矢が?

今井氏は聴覚障害のある長男(11)と暮らすシングルマザー。自民党は、安倍政権が掲げる「1億総活躍社会」の理念に合致し、若者や母親世代の支持を得られると踏んでいる。今井氏は沖縄県出身でもあり、沖縄選挙区に立候補する島尻安伊子沖縄担当相と連携した運動を期待しているとみられる。 (2016/02/05-15:34)

出典 http://www.jiji.com

息子さんが聴覚障害なのですね…
「高度感音性難聴」だそうです。
そういった部分を踏まえてか今井さん自身、社会貢献活動等も積極的にこなされているようですが、日経DUALで「障がいも、ひとつの個性」というコラムを執筆し、ご自身の経験や体験を赤裸々に語っておられます。

◎高度感音性難聴とは?

感音性難聴 では、外耳や頭蓋骨から入力された音のエネルギーは内耳リンパ液の振動に変換されてはいるが、内耳又は内耳から聴覚中枢に至る部位に器質性の病変があると考えられる聴覚障害。sensorineural hearingloss は内耳性難聴の意味で使用されることがあるので注意する必要がある。

出典 https://ja.wikipedia.org

専門用語が多くて掴み難いのですが、難聴というこなのでしょう。
といいますか、音が全く聞こえない状態だそうです。
医師から告げられたときは、相当に重たいものを背負った心境だったのではないでしょうか。

◎障がいもひとつの個性

礼夢の耳が聞こえないと分かったのは、生後3日後の検査のとき。耳が聞こえるか、聞こえないかを検査する「新生児聴覚スクリーニング検査」というものがあって、「この検査を受けますか?」と看護師さんに聞かれました。「せっかくだから」と何のためらいもなくお願いして、部屋で待っていたところ、「耳が聞こえにくい」と告げられました。そして2カ月後、大学病院で精密検査を受け、先天性の「高度感音性難聴」だということが判明。礼夢は生まれつき、音が全く聞こえないということだったんです。

出典 http://dual.nikkei.co.jp

息子さんは先天性の「高度感音性難聴」とのことでした。
当時20歳だった今井さんにとって重すぎる現実だったと思いますが、一晩泣いて沖縄人特有の「なんくるないさ~」精神で前向きに息子さんの障がいと向き合ったとのことです。

でも、そんな中でも礼夢とコミュニケーションできる方法が一つだけありました。それは、「おいしいね」というジェスチャー。ほっぺたに手を当てて、「おいしいね」ってすると、礼夢も「おいしいね」って返してくれるんです。何か食べたいときは、口に手を当てて「あむあむ」という表現で伝えてきたんです。 日ごろから、うれしい、楽しい気持ちを、小さな体を大きく動かして全身で表現していた礼夢。もしかしたら、この子には口話法よりも手話のほうが合っているのかな――。息子にとってどんなコミュニケーションがいいのか、たくさん考えました。そしてその結果、手話を学ぶことにしました。

出典 http://dual.nikkei.co.jp

やがて、息子さんに内耳や三半規管がないと知り、人工内耳や補聴器を付けても意味がないという現実に直面しましたが、口話法などを試しつつも最終的には手話でのコミュニケーションに辿りついたそうです。
現在、英語での手話も特訓中とのことです。

礼夢は今、自分の耳が聞こえないことやその理由を、まだ深くは理解していないと思います。ママは口でしゃべる人。自分は手話でしゃべる人――。そういう認識でいるようです。でも、それでいいんだと思います。日本語を話す人、英語を話す人、フランス語を話す人……というのと同じ感覚だと思います。

出典 http://dual.nikkei.co.jp

この先、息子さんが成長するにつれてどう考えが変わっていくかは分りませんが、こういった認識でいてくれるのなら今井さんとしても安心できるでしょうね。
「障がいもひとつの個性。」
息子さんのこういう認識から思い出した言葉なのではないでしょうか。

ろう学校や盲学校には「副籍交流」というものがあります。居住する地域の小・中学校に副次的な籍(副籍)を持ち、給食を一緒に食べたり、授業や運動会などの学校行事、地域行事などに参加したりするものです。ろう学校では健聴者の子どもたちとのふれあいも少ないので、こういう交流は助かるなと思います。

出典 http://dual.nikkei.co.jp

息子さんと歩んでいくうちに、社会のよい部分やそうでない部分が垣間見えたのではないでしょうか。
その後の今井さんの社会活動は、大変だったころに自然と培われたものなのでしょう。

◎子育ての最中に離婚も

出産して約3年で元175RのSHOGOさんと離婚をしました。
「心の距離が開いてしまった」というのが理由だったそうです。

◎被災地訪問も

わたしのライフワークの活動のひとつである、
被災地訪問。
いつも思う。
「被災地」という言葉が過去形になってほしいなと...。まだまだ復興への道は続いている。
そういう気持ちを毎回抱きながら東京に戻る。

被災地訪問を「ライフワーク」と言い切る姿は、30代前半の女性としては芯がしっかりしている印象を受けますね。
運命を背負った強さを感じます。
女性としての強さだけでなく、人間としての強さです。

◎戦争に対する思いも赤裸々に

こういう真っ正直さは、素直に好きです。
わたくし自身も、安保法制以降の日本の将来に危惧している一人ですので、現在の流れには到底納得しておりませんが、こういった声を挙げるのは勇気がいりますね。

◎菊池桃子との共通点

娘さんの障がいを公表した菊池桃子さんと、どことなく同じにおいを感じます。
どちらも共通しているのが、信念にも似た芯の強さでしょう。

報道が先行しただけで、今後の今井さんの進路は分りませんが、仮に政治への道を志すとしても、ただの「タレント候補」ではないということを強調したいと思います。

ただ、個人的な見解を申しますと、安保法制に反対のスタンスである今井さんが自民党から出馬というのは違和感があるのですけどね。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス