記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
多くの人が何度かは経験しているであろう口内炎
病院に行くほどではないけれど、痛くて食事や会話に支障が出てしまいますよね。 食べ物を咀嚼しているときについつい粘膜を噛んだ部分に発生したり、知らないうちにできたり、女性では生理前になると自然に発生することもあります。

今回はそんな口内炎の中でももっとも一般的な『アフタ性口内炎』の原因と対策について、医師に解説していただきました。

口内炎には種類がある!

Licensed by gettyimages ®

一口に「口内炎」といってもその種類はさまざまです。

≪口内炎の種類と特徴≫
・アフタ性口内炎:最も多くみられ潰瘍ができる
・カタル性口内炎:刺激が原因でできる
・ウイルス性口内炎、アレルギー性口内炎:ヘルペス、帯状疱疹など
・ベーチェット病、慢性再発性口内炎:原因不明な種類

まずは口内炎ができた時点で、いつもと違うと感じた場合には口腔外科へ受診し、診断してもらいましょう。 それぞれの口内炎に対しての治療方法が異なるからです。
しっかりとした診断も必要な場合もありますので、いつもと違うときや口内炎が長引く場合は注意するといいですね。

よくある口内炎、「アフタ性口内炎」とは?

Licensed by gettyimages ®

アフタ性口内炎とは、唇の内側や舌、のどなど口腔内に存在する粘膜に発生し、楕円形または円型の1×1cm未満の小さな潰瘍(アフタ)ができる病気です。「潰瘍性口内炎」ともいわれます。

見た目は、中心部が灰白色をしており、その部分にほんのりくぼみがありクレーターのような形をしています。そしてその周りが赤くなっているのが特徴です。

ほとんどは発生して数日~2週間ほどで治りますが、間違った治療や発生要因が除去できない場合や、体質的な場合には口内炎を定期的に繰り返してしまい、再発性アフタ性口内炎と呼ばれます。

アフタ性口内炎の治療に必要な栄養素は?

Licensed by gettyimages ®

アフタ性口内炎の治療はとてもシンプルです。必要なことは十分な休息と十分な栄養です。
口内炎を抑えるために有効な栄養素を紹介します。

【ビタミンA】
口腔内の粘膜の保護や再生に必要な栄養素です。
皮膚や粘膜の新陳代謝を活発にして、皮膚や粘膜を健康に保つ役割も担っています。さらに、外部からの病原菌が粘膜から侵入するのを、防ぐ効果もあります。

☆ビタミンAを含む食品
・レバー類
・牛肉
・うなぎ
・ホウレンソウ
・ニンジン
・カボチャ
・ブロッコリー など

【ビタミンB群】
皮膚を新しく作るときに大切な働きをします。アフタ性口内炎の場合、ビタミンB2とビタミンB6が効果的です。

☆ビタミンB群を含む食品
・納豆
・大豆
・レバー
・発芽玄米
・乳製品 など

≪口内炎ができやすい方!チェックしてみよう!≫
1分で簡単チェック【口内炎】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

十分な休息やストレスを発散とともに、口内炎を根本から治療にはこれらの栄養素の摂取が不可欠です。

野菜が不足した生活を1週間でもおくると口内炎が発生したり、舌がむくんで荒れてしまう症状がでてくる方もいます。それぐらい、デリケートな部分なのです。
まずは日ごろから十分なバランスのとれた食事を摂取するように心がけてみましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス