記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
授乳中は、カロリーが消費されやすくその分太りにくい時期でもありますが、いっぽうで授乳を終える「断乳・卒乳」のタイミングになると、太りやすくなるってご存知でしたか? これは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスによることが、大きな原因といいますが、いい対策はないのでしょうか……。

断乳・卒乳太りを予防する3つの対策

Licensed by gettyimages ®

断乳・卒乳太りにもっとも有効なのは、カロリーコントロール。これから断乳、卒乳、というお母さんは、おにぎり2個分のカロリーを減らす、また次の3つも併せて意識するようにしてみましょう。

1:カロリー計算の癖をつけておく
赤ちゃんが生まれてしまうと、24時間年中無休で子育てに追われ、特に授乳期は寝不足にもなり、カロリーコントロールのことまで考えられない方も多いでしょう。 これから出産、という方は妊娠中の今から、授乳期の自分のカロリー付加量を知っておきましょう。大体の食べ物に換算した場合の目安を知っておくと便利でしょう。

2:運動する
寝不足だし、子育てで忙しいし、運動する余裕なんてない、というお母さんも多いかもしれませんが、外で少し運動することで気分のリフレッシュにもつながります。また、子どもが成長するにつれて、子育てはどんどん体力勝負になってくるので、運動をすることはダイエットだけではなく体力をつけるためにも役立ちます。

3:育児ストレスを溜めない
育児ストレスから暴飲暴食に走る場合もありますので、 たまには赤ちゃんを見てもらって、こまめに気分転換をするようにしましょう。

≪がんばらなきゃ…と、ひとりで溜めこんでいませんか?≫
1分で簡単チェック【育児ノイローゼ度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

産後のダイエットに成功したい気持ちも分かりますが、授乳中は赤ちゃんのためにも ビタミン、ミネラル類や水分をたっぷり摂り、疲れが溜まらないようくれぐれも無理なダイエットは避けるようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス