記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
長瀬智也さん主演のドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系)で「子宮全摘をしなければならない」と不安になる女性が登場しました。

この"子宮全摘術"、聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。子宮を持っている以上、病気によって子宮全摘が必要となってしまうこともあります。

今回は女性として知っておきたい、子宮全摘術についてお伝えしたいと思います。

子宮全摘手術はどのような病気によって行われるの?

Licensed by gettyimages ®

子宮全摘手術とは、文字通り子宮を取ってしまう手術です。
卵巣やリンパ節も一緒にとることもあれば、単純子宮全摘術とよばれるような、子宮のみを摘出することもあります。

子宮全摘術をする可能性のある病気は以下のような子宮に関わるものです。
・子宮筋腫
・子宮頸がんや子宮体がんなどの子宮がん
・卵巣がん
・子宮腺筋症
・子宮内膜症

どのような治療方法になるかは、症状や病気の広がり具合などに応じて行われます。(つまり、上記の病気にかかっても子宮を全摘出しなくていい場合もあります。)

病気になったら、絶対摘出しなきゃいけないの?

Licensed by gettyimages ®

今後の出産のために、できるだけ子宮を残せる場合もあります。
たとえば子宮に癌があってもステージや悪性度、本人の希望などに応じて円錐切除などの方法で治療することもあります。場合によっては、全摘せずに治療できます。

出産を希望する場合、子宮筋腫などのケースでも核出術という方法などで、まずは様子を見ることもあります。その後、病状などに応じて出産後や出産希望がなくなってから全摘を行うなど様子をみて治療します。

一方で妊娠前であっても、病状が悪ければ子宮を全摘を行うこともあります。

また、出産時に子宮内反症子宮破裂などが起こったときは、母体の出血多量を防ぐために子宮全摘が必要となることもあります。

子宮全摘手術した身体の変化は…?

Licensed by gettyimages ®

子宮全摘後に大きく変化することは、生理がなくなり、妊娠・出産ができなくなるという点です。

膣は残っているため、性交は可能です。子宮頸部も摘出している場合は感覚などに変化が起こることもあります。

子宮の摘出を行い、卵巣は残すこともあります。
この場合、女性ホルモンの分泌に影響はありません。基本的にホルモンバランスの崩れによる更年期症状などは起こりません。

しかし、「広汎子宮全摘術」と呼ばれる卵巣や卵管なども合わせて取る手術では、女性ホルモン分泌に影響があります。
ホルモンの分泌低下によって動悸やほてり、イライラなどさまざまな更年期症状などが起こることがあるため、ホルモン補充療法が行われることもあります。

また、手術後は身体の中も変化します。
手術によってできた傷を治すために組織の癒着が起こります。このため、場合によっては排尿の際に違和感などがでることもあります。

子宮全摘を避けるための予防は…

Licensed by gettyimages ®

子宮全摘を避けるためには、病気の早期発見や治療が大切です。

妊娠や出産の適齢期である20代~30代の女性に起こりやすいのが、子宮頸がんです。
子宮頸がんは、異形成から進行していくことが多いです。早い段階での発見により、子宮全摘や命の危険を避けることができます。そのため、だいたい2年に1回の子宮頸がん検診を忘れず受けることが大切です。

また、子宮内膜症や子宮筋腫も早期治療で子宮全摘術を避けることができます。
月経過多生理痛がひどい症状がある場合は、早めに婦人科に受診するといいですね。

【医師からのアドバイス】

定期健診は自治体から案内が送られることもあります。
まずは女性として子宮全摘術する可能性があることを自覚し、病気の予防について知っておきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス