以前にもお伝えしました国内4番目のディズニーオフィシャルホテル、新浦安にできる東京ディズニーセレブレーションホテルが、ついに2016年6月1日に開業。2016年3月2日(水)より宿泊予約を開始、正式な宿泊料金などが発表になっています。

ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテルは、いずれも年間90%を超える宿泊稼働率で、宿泊予約を取るのもなかなか大変。そして特別な時間を体感できる代わりに、値段も高めの設定になっており、気軽に泊まれるという感じではありませんでした。しかし今回オープンする東京ディズニーセレブレーションホテルの謳い文句は「シンプルなサービススタイルで手軽にリゾートステイ」さて、今までのディズニーホテルとはどこが違うのでしょう?

一人一泊5750円から!お手軽なリゾートステイが実現

東京ディズニーセレブレーションホテルの大きな魅力が、他のオフィシャルホテルに比べてグッとリーズナブルになった客室料金。パークで思い切り遊んで、ホテルに帰ったら寝るだけ!というアクティブ派には、正直今までのオフシャルホテルの価格はちょっと高いなと感じる人も多かったはず。

東京ディズニーセレブレーションホテルでは、ベット4台のスタンダードルームの室料が、23,000円〜と設定されています。つまりバリュー時期なら、4人で泊まって一人一泊5,750円で泊まれちゃうのです!

5人まで泊まれるクインテットルームも用意

また、レギュラーベッドとデイベッド、2段ベッドが用意されたクインテットルームもあります。今までは5名以上泊まれるのは、ディズニーランドホテルとアンバサダーホテルのファミリールームのみでしたが、いずれも室料は10万円以上でお手軽スティという価格ではありませんでした。しかしセレブレーションホテルでは、5名で泊まれるクインテットルームの室料がなんと33,000円〜。つまりバリュー時期なら、一人当たり6,600円です。5人以上の家族や、友達同士のグループ旅行にぴったりですね。

もちろん開園15分前に入場できるHAPPT15エントリーも!

宿泊料金はリーズナブルですが、他のオフィシャルホテル同様、開園15分前から東京ディズニーランド東京ディズニーシーの一部エリアへ入園できるHAPPY15エントリーは利用可能です。もちろん入場規制時のパーク入園保証もありますし、ホテル内でパークチケットを購入する事が出来ます。ディズニーホテル宿泊ゲスト限定特典である“マルチデーパスポート・スペシャル”も購入できますよ!

※マルチデーパスポート・スペシャル
通常の2デーパスポートの場合は初日はどちから一方のパークを選択しますが、このマルチデーパスポートは、初日から東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの両パークに入園でき、自由に行き来することができるという特別なパークチケットです。

パークまでは無料シャトルバスを運行

立地が新浦安という事で、パークまでちょっと遠いなと感じる方もいるかもしれませんが、東京ディズニーセレブレーションホテルと各パークを結ぶシャトルバスが無料運行するので安心です。各パークまでホテルから約15分で到着です。

他のオフィシャルホテルとは違うのはどこ?

おそらくオフシャルホテルの特典で一番気になっていたのはHAPPY15エントリーという人が多いのではないかと思います。では、その他の特典では、リーズナブルな価格帯の東京ディズニーセレブレーションホテルは、他のオフィシャルホテルとは他にはどんな所が違うのでしょうか?

プリチェックインはOKだけど、ちょっと注意!

通常チェックインを開始する15時よりも前に宿泊手続きを済ませることができる“プリチェックイン”は利用可能ですが、この手続きは東京ディズニーセレブレーションホテルのフロントのみとなります(プリチェックインの受付は宿泊当日の6:00~昼12:00)

他のホテルの様に、舞浜駅前にある東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンターでプリチェックイン手続きをする事はできませんのでご注意ください。

バゲッジデリバリーサービスは有料

また、他のホテルと違う点として、無料サービスである舞浜駅前の東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンターからのバゲッジデリバリーサービスは利用できません。
ただし、舞浜駅側のボン・ヴォヤージュから有料でのバゲッジデリバリーサービスは行っています(荷物1個ごとに400円)ウェルカムセンターの場合、朝の7:30から荷物を預ける事ができましたが、ボン・ヴォヤージュの場合はショップの開店時間からの受付となるので気をつけて下さいね。

食事の提供は朝食のみ

ディズニーホテルといえば、イベントごとに提供されるスペシャルメニューが魅力のレストランですが、シンプルなサービスを謳うセレブレーションホテルでは、レストランは簡単な朝食をブッフェスタイルで提供するのみ。昼食や夕食などの用意はありません。朝食は中学生以上の大人1,300円、小学生900円、未就学児は無料となっています。(写真はイメージです)

宿泊者限定グッズの販売は無し?

東京ディスニーセレブレーションホテルでも、ホテル内のディズニーショップシーでランドのお土産が購入できます。しかし公式ページをみる限り、他のオフィシャルホテルの様なホテルオリジナルの宿泊者限定グッズの販売はなさそうですね。

オリジナルアメニティはどうなるか?

また、各ホテルの個性的なデザインが楽しみなルームアメニティーや、視聴無料のディズニーチャンネルなどは、現在の所、公式ページの特典に表記されておりません。もしかしたら、このあたりのサービスをカットしてリーズナブルな宿泊料金設定になっているのかもしれませんね。

朝から晩までパークで遊びたいから、他の部分では極力コストを抑えたい、でもオフシャルホテルのサービスは羨ましいと感じていた人たちには、この東京ディズニーセレブレーションホテルは、強い味方になるのではないでしょうか。

ワクワクする内装が楽しみなセレブレーションホテル

東京ディズニーセレブレーションホテルは、異なる名称の2棟で構築されますが、2016年6月1日にオープンするのは、1棟目の”ウィッシュ”

ときめく夢や願いにあふれる”ウィッシュ”の内装はカラフルで、ワクワクしちゃいます。フロントカウンターは、ディスニーシーのマーメードラグーン。でもよく見てみると、ダンボが飛んでたり、コーヒーカップが見えたり。シーとランドのコラボ、なかなか他では見られませんよね。

またホテルロビーには、アリスのティーパーティーのテーブルセットや、ジャスミンのフライングカーペットのソファー、キャッスルカルーセルの白馬など、アトラクションをモチーフにした家具や、パークをイメージしたアートが飾られます。

そして中庭には”東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ”のフロートをモチーフにした樹木が飾られ、夜になるとイルミネーションで光り輝くのだとか!

さらに秋には2棟目の”ディズカバー”もオープン

また2016年の秋には、ワクワクする冒険や発見にあふれるホテル東京ディズニーセレブレーションホテル”ディスカバー”がオープン。こちらも、春にオープンするウイッシュとほぼ同規模で、お手軽価格帯での提供になります。お泊まりディズニーが、ますます気軽になりますね。

予約は2016年3月2日からスタート!

東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュの宿泊予約は、東京ディズニーリゾート総合予約センターと東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトで2016 年3 月2 日(水)からスタート。2016 年3 月2 日(水)から。2016 年6 月1 日(水)~ 2016 年9 月2 日(金)の宿泊分が予約が可能なので、要チェックです!


こちらの記事もチェック!

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス