記事提供:Techinsight

デビュー3周年を迎えたハロー!プロジェクトのアイドルグループJuice=Juice(宮崎由加、金澤朋子、高木紗友希、宮本佳林、植村あかり)が

4日、川崎・CLUB CITTA'にて行われたフジテレビとスカパー!初タッグの連続ドラマ『武道館』完成披露試写会&舞台挨拶に登壇した。

イベントではつんく♂が登場するという嬉しいサプライズに、Juice=Juiceのメンバー、共演者の木下ほうか、吉沢亮、高畑裕太、詰めかけた大勢のファンからは大歓声が沸き起こった。

喉頭がんの手術で声帯を摘出し、それ以来ファンの前に登場するのは初となったつんく♂。

彼の登場を知らされていなかったJuice=Juiceのメンバーらは「えー!!」と驚きの声をあげ、宮本佳林は「久しぶりにお会いして嬉しい」と感極まり泣き出してしまう。

直木賞作家・朝井リョウの原作「武道館』を映像化した本作は、日本武道館公演を目標に様々な試練を受けながら成長していく5人組のアイドルユニットNEXT YOUをJuice=Juiceが熱演する。

つんく♂がNEXT YOUの主題歌、挿入歌、プロデュースを担当することでも話題だ。

そんなJuice=Juiceに、つんく♂から武道館をイメージした玉ねぎ型のくす玉がプレゼントされた。「絶対行くぞ、武道館!」の掛け声とともにくす玉が割られ、“武道館、主題歌ヒット祈願”と記載された垂れ幕が現れ皆、大興奮だ。

ドラマを見たつんく♂は「ドラマの中に出てくるプロデューサーの役が男前過ぎて小出(恵介)くんにジェラシーを感じた」「ドラマと分かりつつも水着くらい黙って着ろよ!とか、

高木いうほど太れてないやんけ、もっと役作りしてこいよとか心の中でずっと突っ込んでたように思う」コメントし、笑いを誘った。

またイベントではつんく♂、共演者、ファンの前でJuice=Juiceがドラマ主題歌『Next is you!』を熱唱。歌い終わるとメンバーは口ぐちに「緊張した」「つんく♂さんの前で歌うのは尋常じゃない」と興奮しながら語った。

つんく♂は「リズムを必要以上にとっていたように思う。緊張感があった」「凄く上手くなっていて、植村なんて大阪にいた頃ホンマやる気あるのかわからんかった。存在感なかったのに立派になったと思う。みんな立派になった」

とつんく♂らしい言葉で褒め称えた。

共演者の木下ほうかが「かかと高いじゃないですか。捻挫せーへんか心配だった。低いやつでやった方がいいんじゃないですか」と感想を述べると、つんく♂から「親戚のおっちゃん目線で嬉しいですね」とのツッコミが入り、会場は終始笑いと拍手が響き渡った。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス