出典 http://www.flickr.com

記事提供:messy

意識高い子育てや、環境に配慮したスローライフ、エシカル&オシャレな話題づくりetc.それらに欠かせないものといえば、〈オーガニック〉でしょう。

安全かつ安心で、何となく真人間になったような気分まで味わえるオーガニックでありますが、これって本当に〈体にいいもの〉なんでしょうか?

その前に〈オーガニックとは何ぞや〉と聞かれると、正直簡潔に答えられないため、日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会のHPを見てみました。

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。オーガニックが広まることにより、人や動植物、微生物などすべての生命にとって、平穏かつ健全な自然環境・社会環境が実現します」

なるほど、コレがオーガニック。なんて、わかったようなわからないような。

さらに読み進めると「あくまで一般的な食品と比べた場合、オーガニックは安全」と説明されているので、何とな~くで〈オーガニックは体によし!〉〈農薬や化学肥料を使わないほうがいい〉と解釈する人は少なくなさそう。

しかし、健康についてのこれぞという根拠は見当たらず。

ということで『理科の探検(Rika Tan)』(株式会社文理)の編集長であり、『ニセ科学を見抜くセンス』(新日本出版社)の著者である、左巻健男先生に、オーガニックのアレコレについて教えてもらいました。

さて改めて、ズバリ〈オーガニックは体にいい!〉といえるのでしょうか?

左巻健男先生(以下、左巻)「有機JAS(農林水産省が定めた規定に合格した農林物資の製品)の場合、農作物の〈作り方〉がその規定にあっているかどうかは専門機関によってチェックされているでしょうが、その規定が〈体にいいかどうか〉まではわかりません」

農薬たっぷりとはいうけれど

巷では〈農薬や化学肥料を極力使わない〉イコール健康、という印象が強いようですが。

左巻「〈自然〉と〈天然〉がキーワードで、それは人工のものよりずっといいんだというような雰囲気がありますよね。でも実は自然にも、毒素がものすごかったり発がん性のあるような危ないものはいくらだってある。

例えば、自然界のカビ毒(作物に虫食いが発生すると、このリスクが跳ね上がる)やヒ素(地中にもともと存在し、米や魚に蓄積される)などです。

また、農薬は何かと悪者にされがちですが、無農薬栽培だとかえって作物は自ら毒を作り出す可能性があります。虫の食害から身を守るため、自ら作り出す防虫成分です。

天然農薬(注)であるそれらの多くは、発がん性物質です。逆に農薬によって虫の害などから守られている野菜は、それらを発生させ自衛する必要はありません」

※注=毒性学の第一人者・カリフォルニア大学のエイム図教授が、1990年に発表した論文で有名になった。虫の食害を受けると天然農薬が爆発的に増えるといい、調べた天然農薬52種のうち、27種が発がん性物質であることがわかった。

オーガニックの場合は無農薬ではありませんが〈最低限の量しか使わないから安全〉と考える人も少なくありません。実際には、農薬たっぷりで体に悪い作物というのは、どの程度存在するのでしょうか。

左巻「農薬だって決して安いものではありませんから、バンバン大量に使うなんて、ありえないんですよ(笑)。(慣行栽培においても)コストの問題で、必要最低限しか使えません。

昔は確かに、生物に悪影響を及ぼすような農薬が使われていた事実はあります。しかし『沈黙の春』(注2)がアメリカの農薬業界に影響を与えてから、世の中も変わらざるをえなかったんです。

今、多くの農薬はバクテリアやウイルスに対して効果があり、ヒトに対して影響の少ないものに変わっています

※注2=1962年に出版された、米国の海洋生物学者・レイチェルカーソンの著書。農薬による環境汚染の問題を指摘し、世界に環境問題を問いかけたエポックメイキング的な作品として広く知られている。

オーガニックや無農薬栽培とまではいかずとも、農薬の問題から〈中国産だけは避ける〉という声もよく聞きます。週刊誌などでは、中国産の野菜から基準値以上の農薬が検出された!なんて記事をよく見かけますが、これはどう解釈すれば?

左巻「そういったニュースが定期的に上がるのは、〈検査しているからこそ〉だとも言えます。

中国現地で食べられているものに関してはわかりませんが、日本へ輸入される野菜はきちんと検査するルールがありますから、日本で販売されている中国産野菜を食べても健康的な問題はありません。

輸入される野菜は抜き打ち検査的に残留農薬がチェックされるけど、国産の作物が抜き打ち検査されることはほぼありませんから、逆に国産のもののほうが残留農薬の多い可能性だってあるんです」

無農薬栽培についてはどうでしょうか。

左巻「無農薬栽培は、農薬以上に危ないワケの分からないものが使われている可能性がありますよ。

例えば除虫効果を狙って使われる木酢液(もくさくえき)みたいなものには、いろいろな有機物がいっぱい入っている。

わたしが思うには、それらには発がん性のあるような、成分的に問題があるものがたくさん入っているんだけど、天然にあるものだからいいんだと思われているんですよね」

「このお野菜、無農薬の自家栽培なのよ~」なんておすそわけが、怖くなってくるお話です!お次は無農薬やオーガニック推しの方々が嫌いがちな〈添加物〉は、健康においてどうなのでしょうか。

カビないパンは食べないほうがいい?

左巻「農薬と同様、量によっては毒になりますが、一生食べても問題のない量というのが算出されたうえで食品に使われていますので、まずひとつはそれを判断基準としましょう。

ただし毎日一定量の試料を一生食べ続けても異常の出ない最大無作用量(1日の摂取量)が動物実験で推定されたうえで、

その100分の1量をヒトの1日摂取許容量とするという方法が採用されていますが、それが妥当性のある安全率かどうかは、わたしには分かりません。

しかし、添加物を使わないと食品の劣化が早まるという問題点は確かにあると思います。最近の食べ物は低糖度、低塩分の傾向がありますので、より微生物が繁殖しやすいと言えます。すると無添加では日持ちせず、食中毒のリスクが高くなります

ネットの定番ネタで、〈山崎パンはカビない!だから添加物たっぷり!〉というのがありますよね。

左巻「臭素酸カリウムですね。本来は使っても(製造の過程で)分解されてなくなりますが、使用が禁止されている国もあるので、使う事そのものが問題とされました。

そんな経緯があるので現在メーカーでは使われなくなってきていますが、叩く人たちはそのことには触れないので、いつまでもネガティブな話ばかりが広がります。

最近は無添加や有機栽培だけでなく、低糖質なども健康にいいとされていますが、今現在、世界的に長寿と言われている日本のお年寄りを見てみると、はたしてそういう食生活をしてきたのか、という点に疑問を持ってほしいですね。

添加物も糖質も、化学肥料を使った野菜も、普通に食べてきたはずですよ」

オーガニック、遺伝子組換え不使用、無農薬、添加物不使用etc.そういった〈自然派〉な食材は、結局のところ体にいいかどうかと言ったら?

左巻「そういったこだわりの食生活には、選ぶ食品が多様性から少数のものに偏るという問題があります。実は、それが一番怖いんですよ。

今食べているものがどれだけ自分にとって悪いものかは実際わからないので、そのリスクを分散させるためには、いろいろなものを食べたほうがいいんです。

ところがオーガニックや自然派食品であることにこだわっていると、特定の食べ物ばかり食べることになりがちです。それが行き過ぎると健康のためには死んでもいいってやつになるわけですね」

オーガニックや自然派食品の〈(製造に)手がかかっている〉という点に、価値を感じる人もいますが、それと健康の関係は?

オーガニックとの付き合い方

左巻「天然無農薬は、それだけ手がかかるのは事実でしょう。でも、植物が勝手に天然農薬をいっぱい作っているかもしれませんが(笑)。

しかし根拠のないものはすべてダメかといえばそうとも言い切れず、プラセボがあります。プラセボ効果って結構強いので〈今、自分は体にいいことをしているんだ〉と思っていると、結構いい状態になる。それは否定しません。

特に気を付けるべき点は、先ほども申し上げた特定のものだけ食べないことです。オーガニック食を実践するなら、いろいろな産地のものさまざまなメーカーのものを何種類も食べたほうがいいでしょう」

「野菜はどこそこの有機無農薬、パンはあそこの無添加のじゃなきゃダメよ!」と主張する、うちの母にもぜひ聞かせてあげたいお話でありました。

健康効果の根拠がないにも関わらず、リスク回避のため産地とメーカーが極力バラけるようにしなくてはならないとは、すごい労力であり、そこから生じるストレスのほうが健康に悪影響なのでは…という印象。

もちろん、健康効果は重要ではなく〈健康にいいというイメージ〉が何より大事だったり、〈オシャレだから〉〈美味しい気がするから〉という理由でオーガニックを選んでいる場合はノープロブレム。どうぞ楽しいオーガニックライフをお送りください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス