メイクでは隠しきれない目もとの悩み

子育てや家事で忙しいママは、やらなければならない事がいっぱい。ご飯をつくって掃除をして、パパや子どもたちを見送って今度は洗濯…と丁寧にメイクをしている時間なんて取れるわけもなく、つい時短メイクですませがちになりますよね。

以前までは時短メイクで充分だったのに、目もとにファンデーションを塗ると目の下のしわが目立っていたり、いつものアイメイクだと顔がぼんやりして見えたり…ということはありませんか。

もしかすると、それは目もとのダメージが溜まっているサインかもしれません。

ママの1日に潜む危険な習慣とは?

時短メイクで隠しきれない目もとのしわやたるみ。毎朝鏡を見るたびに憂鬱になってしまい、なんだか顔色もどんよりして見えてきちゃいます。

それは年齢のせいだけではなく、普段何気なくしていることが原因かも知れません。忙しいママにありがちな目もとにダメージを与える習慣をチェックしてみましょう。

1. 気付いたら眉をしかめてスマホやPCを見ている

ママは子どもの幼稚園や小学校からの連絡やママ友同士のやりとりなど、ちょっとした連絡にも気を配らなくてはいけません。

そんなとき、スマホを見たまま眉間を寄せたり目を細めたりしていませんか?そのままだと目もとの表情筋がこわばって深いしわができてしまうかも。

2. 授乳やオムツ替えで睡眠不足が続いている

赤ちゃんのいるママは夜になっても仕事に終わりはありません。2時間起きに授乳したり、夜泣きした赤ちゃんをあやしたり、オムツを替えたり…。そんな事をしているうちに朝が来てしまい、なかなか十分な睡眠をとることが出来ませんよね。

でも、もちろん睡眠不足は美容の大敵。睡眠が足りないと、目の下のクマやたるみの原因になります。

3. 自分の食事は簡単なもので済ませがち

朝ごはんや晩ごはん作りに追われていると、一人で食べるお昼ごはんは手抜きをしたくなるもの。余りもので適当に済ませたり、ときにはジャンクフードに手が伸びてしまうこともありますよね。

ただそればかりが続くと栄養が偏ってしまい、老廃物が溜まりやすくなって目の下のたるみに繋がることも。

4. アイメイクを落とすとき、ゴシゴシまぶたを擦る

とにかく忙しいママは、生活の色々なところで時短するクセがついています。もちろん、家事を時短で済ますのは大切なことですが、アイメイクを落とすときも、無意識にゴシゴシと擦るように落としてはいませんか?

続けていると目の周りの色素沈着だけではなく、目もとのしわやたるみまで引き起こしやすくなってしまいます。

これらのママのやりがちな習慣が目もとにダメージを与え、顔全体の印象、ひいては見た目年齢にも大きな影響を与えるのです。

目もとの印象が見た目年齢を決める

では目もとのケアをしっかりしないと、実際はどのように見た目年齢が変化するのでしょうか?1日1日の変化はわずかなので気づきにくいですよね。そこで10年ごとの変化を見てみましょう。

目もとの印象が見た目年齢を決める

左から30代、中央が40代そして一番右が50代。目もとケアをしていない女性が、年をとった場合のイメージ写真がこちらなんです。

目もとの変化を見ると、30代ではくすみ、クマ、乾燥ジワが現れはじめますね。やや衰えを感じますがまだメイクをすればまだカバーできる範囲でしょうか。

しかし40代になると目尻のしわが目立ち、目の下の老廃物の滞りもハッキリと見えるようになってきました。そして50代では目尻や目の下だけではなく、まぶたまでハッキリとやせてしまい、ずいぶんと老けた印象になりますね。

このように、目もとが変化することによって、こんなにも顔の印象は変わって見えてくるんです。こうしてだんだんと老けていく様子を見ると、なんだか怖くなってきてしまいますね。

見た目年齢を決める“三大エイジングサイン”とは?

目もとケアをしないまま年を重ねてしまったり、ママがやりがちな習慣によって引き起こされる目もとの三大エイジングサインがこちらになります。

■まぶたの“やせ・くぼみ”

■目の下の“たるみ・目袋”

■目尻の“しわ”

人の顔の印象の鍵を握る目もとは、早めのケアが肝心です。でも、目もと用コスメはたくさんあるし高価なものが多くて、どれを選んで良いのかわからない…。

そんな方にオススメのケアアイテムをご紹介します。

革新的目もと用美容液『アイ エクストラ セラム』

お勧めするのはアテニアの『アイ エクストラ セラム』

使い方は毎日スキンケアの最後にあずき粒程度を両目もとに塗るだけ。約120回分使えて、3,291円(税込)とコストパフォーマンスも◎。

また、一般的な目もとのケアアイテムは、目尻のしわなど特定の悩みに対応したものが多いなか、こちらの商品はたった1本で3大エイジングサインが現れる、「まぶた」「目の下」「目じり」を同時にケアできる優れモノなのです。

目もとの三大お悩みを1本でケア

年齢とともに筋肉が脂肪を支えられなくなって、たるんでみえるまぶたの「やせ」。やせてくぼんでくると、顔の印象もぐっと老けて見られてしまいますよね。

『アイ エクストラ セラム』には「セイヨウキズタエキス」と「コメヌカ油」が含まれているので、肌内部のゆるみを建て直し栄養をいき渡らせるよう働きかけることで、ハリと弾力がアップした目もとになる手助けをしてくれます。

もちろんケアできるのは、まぶただけではありません。

眼球が下がり、溜まった脂肪や老廃物が前に出ることでたるんで見える目の下の「たまり」。そんな血流が滞った目の下には「アロエエキス」や「シトルリン」がアプローチ。老廃物が流れやすくなり、下まぶたのよどみをケアして、スッキリとした目もとへ導いてくれます。

表情のクセによってしわが出来てしまう目尻の「こわばり」。そこでアテニアは表情の固まりを防ぐ「マイオキシノール」に着目。こわばった目尻をほぐして、小ジワで出来た溝をふっくらとみせることでしわが目立ちにくくなります。

1本だけで、これだけの目もとの気になる部分をまとめて徹底ケア出来るなんて、忙しいママにもぴったりですよね。

毎日のケアが美しい目もとをつくる

さらに今なら、目もと美容液1本分の価格でハリ肌実感のスキンケアフルラインが試せる、『アテニア アイ エクストラ セラム セット』をお求めいただけます。

これは、「アイ エクストラ セラム(15g)」に「エイジングケアラインドレスリフト 14日間セット(フェイシャルソープ、ローション、日中用保湿乳液、夜用保湿クリーム)」、「目もとのツボが分かる特製シート」が付いて1500円もお得という、見た目年齢ケアをしたい女性にうれしいセットなんです。

※アテニア初めての方限定 お一人様1セット限り

この機会にぜひ、目もとケアをはじめてみませんか?

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス