記事提供:CuRAZY

コンプライアンスやプライオリティなど、最近難しいカタカナ語をよく見る機会が増えました。特に、意識の高い系の人はこんなカタカナ語を多用する印象があります。

そんな中、あるIT企業の社長の挨拶文が話題になってます。

全く意味分からない!!!

こちらのウェブ制作会社LIGの代表、岩上貴洋さんの挨拶文。「エクセレント・カンパニー」「パラダイムシフト」など、カタカナ語を連発していて一見賢そうに見えますが、何を言ってるのかさっぱり理解出来ません。

この挨拶文を紹介したツイートは、4万4000リツイートを獲得し大きな話題を集めています。

ちなみに、このLIGという会社は、ネット上で度々話題になるおもしろコンテンツで有名です。

公式Facebookでも、「LIGのことを全く知らない人は、びっくりしちゃうみたいですね!」とコメントしている通り、意識高い系社長にありがちな挨拶をあえてやったようですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス