昔も今も世間の流行の発信源は女子高生。
女子高生の間で流行しているものは遅れて世間で話題になるというのはよくあることです。その女子高生の間で今流行しているゲームがあるそうです。

芸能人ゲーム?

今、女子高生の間で「芸能人ゲーム」というのが流行っているそうです。どんなゲームなのでしょう?

芸能人ゲームは二人以上で四拍子のリズムに合わせて、芸能人の名前とお決まりのフレーズがギャグをいうゲームです。例えば“ゆいP(おかずクラブ)”なら「それがお前のやり方か」、“よしお(小島よしお)”なら「おっぱっぴー」、“りゅうちぇる”なら「建築関係トントントン」という具合です。

ゆいPだとこうした具合で名前を言った後にフレーズを四拍子に合わせて言っていきます。芸能人は予め決めておくそうです。
最後は永野の

「ゴッホより普通にラッセンが好き~♪ あいっ!」でシメるそうです。

他の女子高生の間でも

この芸能人ゲームが他の女子高生でも行われている姿がTwitterでアップされていまして、

他にはなぜか「斉藤さんゲーム」と言われていたりもします。

YouTubeにも動画でアップされていたりもします。

出典 YouTube

出典 YouTube

SNSを中心に動画がアップされて流行していることを日本テレビ系の「ZIP!」でも紹介されたそうです。

芸能人ゲームを見て

この芸能人ゲームを知った人はこれもまたTwitterを中心に反応を示してくれていまして、幾つかご紹介しますと

若いっていいですね。若い人の特権です。昔も筆者にも特権がありました。

何か懐かしいと思ったらピンポンパンゲームに通じるものがありました。ありましたね!ピンポンパンゲーム(遠い目)

「学校へ行こう!」世代よりも上の世代ですのでわからないです。

そうですね。楽しそうですね。

これとか楽しそうですもん。筆者みたいなおっさん達がやったら気持ち悪いでしょうからやりませんけど。

やはりやってる時は楽しいみたいです。
このゲームは勝ち負けというよりもみんなで力を合わせて成功させたり、失敗したりするのを楽しむケースが多いようです。ゲームだけど勝ち負けが重要ではないというのは珍しいですし協力し合おうというのが自然にできていいなあと感じます。
こうしたゲームが流行るのはやはり若さの特権なんですね。お後がよろしいようで。

この記事を書いたユーザー

篁五郎 このユーザーの他の記事を見る

政治・経済、思想・哲学、文学を学びつつ地元を中心にラーメンを食べ歩くフリーの物書きおじさんです。
spotlight公式/プラチナライターでもあります。仕事は随時受け付けしてますのでブログなどを参考に依頼待ってます。
ブログ:http://ameblo.jp/komi1114/
メールアドレス:komi1114@gmail.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス