フィンランドのバレンタインデーは親愛なる友達を祝う日

バレンタインデーとされる2月14日、フィンランドではその日をYstävän päivä(ユスタヴァン・パイヴァ)と呼んでいます。

Ystävän 友達の  päivä 日

この日は「友達の日」とされているんです。

日本や他のヨーロッパ各国でのバレンタインデーは、男性がお花を贈ったり女性がチョコレートをプレゼントするというような、愛をお祝いする日となっていますが、フィンランドでは友達とカードを交換したりチューリップを贈り合ったりする日なんです。

バレンタインチョコよりも心のこもった手紙を

日本のように、あちらこちらの繁華街やショッピングモールで、バレンタインを祝う大きなフェアやイベントコーナーは見られませんが、郵便局では毎年この時期になると恒例のように、手紙やカードを送り合う人たちのために特別な切手が販売されます。

フィンランド郵便局(Posti)の切手

出典 http://www.posti.fi

フィンランドの郵便局曰く、クリスマスの次に切手やカードの人気が上がる季節だそうで、こんな時代になっても手紙で友達にメッセージを伝える方が多いのかもしませんね。私も手紙を書くのが好きなので、このフィンランドらしい祝い方がいつまでも長続きするといいなと思います。

友達の日ということは、友チョコをあげるの?

バレンタインの日が「友達の日」と聞けば、日本人の私たちは「友チョコ」を思い浮かべるかもしれません。ですが、チョコレートを贈り合うというのがテーマではないため、友チョコをたくさん用意して学校で配り合う様子はないそうです。やはりメインは手紙やカード交換。特に女の子たちの間で楽しまれていると聞きました。

バレンタインチョコを街で見かけないの?

友達の日と言えど、色んな国のバレンタイン文化が知れ渡っていることもあり、街でハートや愛をモチーフにしたものを一切見かけないということはありません。
お店やカフェでハートのついたチョコレート商品がちょっと並んであったり、華やかな花束、プレゼント等を贈り合って、特別なお祝いをされている恋人たちもいるそうです。

友達の日をフィンランド人はどうやって過ごすの?

日本のように大々的にバレンタインをお祝いしないフィンランドですが、この日は仲の良い友達や仲間たちと過ごす日として、イベントを開いているところもあります。実際私も留学時代にシェアメイトから誘われて、友達の日のイベントに行ったことがあります。

ハートのカードがBarの入り口で配られて、一緒に来た人たちとメッセージを交換し合うといったイベントで、なんだかこの日はシェアメイトと、いつもと違う心あたたまる素敵な時間を過ごせました。

今年のバレンタインはお友達をお祝いしてみては?

今年のバレンタイン、いつもの「友チョコ」とは違った方法で、大好きなお友達をお祝いしてみてはいかがでしょう?
きっとあたたかいお手紙やお花を贈ってみれば、大きな声で言えないような「ありがとう」を伝えられる1日になると思います。
好きな男性にチョコレートをあげる想いのこもった日本の風習は残しつつも、大好きな友達や仲間、いつもそばに居てくれる親友に愛を届けてみるバレンタインも、フィンランドからぜひオススメしたい過ごし方です。

一方そのころ我が家のフィンランド人旦那は…

出典 http://suomi-isshoissho.com

日本人のわたしは、しっかりチョコレート作りますとも…!笑

この記事を書いたユーザー

スオミの旦那と一生一笑 このユーザーの他の記事を見る

北欧フィンランドで国際結婚をしたわたしの、ちょっと笑える夫婦生活ブログです。フィンランドの暮らしや旦那の日本語学習を4コマ漫画でご紹介!フィンランド旅行や留学をご計画中の方にもためになる情報も配信中!!

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 暮らし
  • 恋愛
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス