水中を舞うように泳ぐ姿から『流水の天使』、あるいは、『氷の妖精』とも呼ばれる…巻貝の一種『クリオネ』。テレビでも幾度となく紹介され、その神秘的で可憐な姿に感動を覚えた方も多いかと思いますが、そんな流氷の天使を

鮮魚

というジャンルで販売しちゃったお店。(笑)これが現在、Twitterで話題となっています。

クリオネも驚いたに違いない…衝撃の展開。販売しているのは、SMAP解散報道の際、SMAPの写真よりも目を引き、一躍全国区となった大阪の激安スーパー『スーパー玉出』でして、スーパー玉出『天神橋店』で購入したというクリオネは、なんと鮮魚コーナーに置かれ、980円で販売されていました。

↑コチラが話題のTwitterですが、瓶の中にいるのは紛れもなく“流氷の天使”クリオネ。ちなみに、瓶の中には2匹のクリオネがいるようなので、1匹の価格は490円。もはや、流氷の天使の面影…どこにもありません。(笑)

Twitter上でも驚きの声が!

クリオネは極寒の地でしか見れないと聞いた事がありますが、まさか、大阪のど真ん中でクリオネに出会う事が出来るとは…。

なお、以前は鮮魚コーナーに、活きのいい金魚が売っていたとの事なので(笑)、過去にどのような商品を販売していたのか…興味本位で調べてみた結果、スーパー玉出のハンパないポテンシャルを垣間見ることが出来ました。

では、通常のスーパーとは一線を画す…驚異の品揃え!ご覧下さい!

岩礁海岸の固着動物『カメノテ』は知っていますが、『カメノ子』は初耳!なんだこれ!?

パックの中でうごめく沢ガニたち。これ食用なのかな?

陳列方法も斬新なスーパー玉出。これはヒラメ?それともオヒョウ?

丸ごと1匹!3923円也!

『ほら!あん肝もしっかり入っていますよ!』

ってアピールなんでしょうね。きっと。

ここまでくると鮮魚コーナーではなく、水族館と言った方がいいかも。

ちなみに、鮮魚コーナーだけでなく、お惣菜コーナーも、他のスーパーとは一線を画していました。(笑)

永谷園のお茶漬けが入った『鮭茶漬け』。これは斬新!

100円の赤飯の中に紛れこんだ…2421円の赤飯。これはミス?それともトラップ?

ポテンシャル高すぎ!

想像を遥かに上回る…スーパー玉出の驚異の品揃え。なお、冒頭のクリオネは食用ではなく、あくまでも鑑賞用との事なのでご安心ください。

大阪府、及び、兵庫県で展開している激安スーパー『スーパー玉出』。関西に足を運ぶ機会がある方は是非一度、魅惑の鮮魚コーナー。お立ち寄り下さいね!(笑)

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス