記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
目や口の中が乾燥するドライアイやドライマウスという症状を耳にされたことはあるでしょうか。この2つの認知度が高いのですが、同じように鼻が乾燥するドライノーズは実はあまり知られていません。

今回は、このドライノーズについて症状と対策を医師に解説していただきました。

ドライノーズってどんな状態?

出典 https://doctors-me.com

ドライノーズは、乾燥性鼻炎ともいい、鼻の中の粘膜が乾燥する状態になります。
冬場の屋外や冷房暖房の入った室内など、空気が乾燥してくると鼻の中に違和感を感じるようになります。

たとえば……
・乾いてカサカサする
・乾燥感やむずむずする
・かゆみ  など

さらに、鼻水が出るというわけでもないのに、鼻をかみたくなる感じにおそわれます。
乾燥が進むと、
・ピリピリするような痛みを伴い炎症が起きる
・鼻汁が乾燥して出ないため、カサブタ状のような乾いた鼻くそがたくさん出て、ほこりなどを排出しようとする
・粘膜から出血が起こることもあり、鼻をかむと血がつく場合
などもあります。

ドライノーズの原因とは?

Licensed by gettyimages ®

ドライノーズは、鼻の粘膜が乾燥することで起こります。そのため、乾燥しやすい環境にいると起こりやすくなるといえます。

具体的には以下のようなことです。
・冷暖房がつけっぱなしで、加湿していない部屋に長時間いる
・水分不足

また、アレルギー性鼻炎などで点鼻薬を使う人も多いですが、点鼻薬の使いすぎでドライノーズが起こることもあります。
点鼻薬は鼻の粘膜の毛細血管を収縮させることで炎症を抑制し、鼻の通りを良くします。しかし使い過ぎると、鼻汁が抑えられすぎてしまいます。風邪などでなくても鼻汁は、鼻の中を適度に潤し、菌やウイルス、ほこりなどの侵入から防御を行っていますが、点鼻薬により鼻汁が抑えられすぎてしまうと、ドライノーズになってしまうことがあります。

ドライノーズの改善法&予防法は?

Licensed by gettyimages ®

ドライノーズは乾燥することによって症状が出やすいです。

≪予防方法≫
・冷暖房のきいた室内では、加湿器を使用するなどして適度な湿度を保つ
・乾燥する冬の外出時には、マスクに湿らせたガーゼなどを挟んだりする
・点鼻薬を使用する時には、用法容量をしっかりと確認し、使用頻度、使用回数、連続使用が可能な期間をしっかり守って使い過ぎないようにする

【医師からのアドバイス】

ドライノーズは、オフィスワークを行なっている人や、飛行機や新幹線に乗る機会が多い人、点鼻薬を頻繁に使用するなどの乾燥しやすい環境にいる人に起こりやすいといえます。また、加齢によって起こりやすくなるため、年配の方にも多くなります。

鼻がかゆかったり不愉快な症状がある…その症状はドライノーズから起こっているのかもしれません。当てはまる症状があれば、まずは身近なことからできる対策をして、それでも落ち着かない時は耳鼻科を受診しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス