先日から日本銀行(日銀)がマイナス金利政策を導入することが決定し、新聞やテレビなどでニュースとなっていました。

しかし「マイナス金利」というものが金融・経済に大きな影響を与えるということは想像できますが、一体どのようなものなのか皆さんご存じですか?

今回はそんな「マイナス金利」の基本について簡単にご紹介します。

マイナス金利とは

出典 http://gmuser.hatenablog.com

一般的に銀行にお金を預けた場合、利子を受け取りますが、今回のマイナス金利とは、お金を預けると金利の分だけ減るということです。

ただし、誤解してはいけないのは、今回話題になっているマイナス金利は、「一般の銀行が日本銀行に預けているお金に対してマイナス金利になる」というということです。ぼくたちのような一般市民が銀行に預けているお金に対してマイナス金利になったわけではありません。

日銀がマイナス金利に期待する効果

出典 https://twitter.com

マイナス金利が導入されたことで、一般の銀行は日本銀行に預けると逆にお金が減ってしまいます。そこで一般の銀行は、企業や個人向けローンなどにお金を貸し出そうとするようになります。

これにより企業の設備投資や、住宅ローンにお金が回り、経済が活性化することを狙っています。

しかし、これまでも一般の銀行にはお金があまり気味で、これから新たにお金を貸し付けたい・投資したいという企業などはあまりないのではないかという懸念もあります。

また、投資の活性化だけでなく、円安を誘導するという狙いもあります。

例えば、日本で預けているよりもアメリカでドルで預けたほうが金利が良いという場合には円を売って、ドルを買うという人が増えて、結果的に円安となります。

出典 http://gmuser.hatenablog.com

なぜ日銀が円安を誘導したいかというと、トヨタなど日本を代表する企業の多くは輸出で大きな利益を上げており、円安が進むとより利益が大きくなり、それを景気回復の足がかりにするためです。

以上、簡単にマイナス金利についてご紹介しました。

今回紹介した内容は基礎の基礎くらいの内容です。興味を持った方は新聞・ネット・書籍などさまざまな角度から調べてみることをおすすめします。また、デンマークやスウェーデンなど、すでにマイナス金利が導入されている海外の事例を調べてみるのも非常に良いと思います。

自分には関係ない…なんて思わず、今回の記事でちょっとでもニュースについて興味をもっていただけたら幸いです。

この記事を書いたユーザー

イタマ このユーザーの他の記事を見る

Twitterのおもしろネタを紹介します。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • インターネット
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス