節分に食べると縁起が良いとされる「太巻き寿司」大阪を中心に節分の日に行われていた風習が、コンビニのセブンイレブンの手によって全国に知れ渡るようになったとされています。

それが何だか定着しつつある中、いろいろな企業やお店が思考を凝らした商品が話題に、もはや何でもいいんじゃないか?というお祭り的な存在に消費者の財布のひもも緩むかもしれないですね。

1・恵方巻サイダー

なぜサイダーなのか?なぜピーチ味なのか?疑問はあるとしても何だか楽しい商品ですよね。

2・叶棒

パンの恵方巻き!恵方巻きロールがあるなら、パンでもいいんじゃないかという発想もいいんじゃないですか?名前も洒落ています「叶棒」食べたら願いが叶いそうですね。

3・シウマイ恵方まん

中身はシュウマイなのでしょうか?肉まんなのでしょうか?細長くて食べやすそうです。

4・くるくるワッフル「上恵方巻」

恵方巻ロールかと思いきや表面がワッフル?サクサク感があるのでしょうか普通に美味しそうです。

5・恵方巻「まめ巻」

ありそうで無かった!?ご飯でまんじゅうを巻いちゃうという発想…。

ご飯は酢飯だそうですよ、そこに大胆なあんこ!この組み合わせ思っていても商品化しないものですがしちゃったんですねくら寿司さんのチャレンジは末恐ろしいものがあります。

6・恵方クレープ

まぁまぁクレープは何だかありそうだなってことで、これなら気軽に縁起のいい方向に向いて食べても変じゃないですしね。

7・恵方巻きバーガー

ちょっと持って食べるには横からはみ出そうな感じで怖いですが、この発想は好きです。
マックでも便乗する?いやしないでしょうねきっと。

8・恵方巻サンド

恵方巻ロールがあるなら恵方巻のサンドイッチがあってもおかしくないですよね、ただ気になるのがパンの上に巻いてあるのは海苔ですか?食感的に大丈夫なのでしょうかね~

9・恵方巻きクッション

番外編としてクッションというより黒い枕ですよこれは…。

10・のり巻きタオル

恵方巻きのタオルも、なぜタオル?ってことは考えないでおきましょう。

バレンタインデーもあり何だか商売に乗せられている感じはしますが、そこは美味しければいいんじゃないですかね。

普段の味気ない生活に彩を添えたり遊び心があったり、お祭り的な気分になるのも悪くないですよ。

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス