15名もの尊い命が奪われた軽井沢スキーバス事故。2012年に起きた関越自動車道での死亡事故(↑画像)を受け、貸切バス関連の法は、非常に厳しく見直されたのですが、それにも関わらず起きてしまったこの事故に、激しい憤りを覚えた方も多いかと思います。

そんな中、バスの安全性を呟いたツイートが現在、ジワジワと拡散され、注目されているのをご存知でしょうか?

Twitterユーザーの“まりりん=きたむら”さんがツイートした、安全なバスを見極める為の基準となりうる『安全評価認定制度』というシステム。これは、貸切バス事業者の安全性や安全の確保に向けた取り組み状況を評価・公表することで、貸切バスを利用する客や旅行会社が、より安全性の高い貸切バス事業者を選択しやすくするとともに、貸切バス事業者の安全性確保に向けた意識の向上や取組の促進を図り、より安全な貸切バスサービスの提供を目的とし、日本バス協会が実施しているもの。

ちなみに評価の基準は『法令遵守事項(36項目)』『安全の取組状況(40項目)』の計76項目を基準とし、 書面・訪問などによる厳正な審査によって行われているそうで、

【一ツ星】
初回申請の際、60点以上の安全評価を獲得

【二ツ星】
一ツ星の認定を2年間継続し、書類審査の得点が100点満点中80点以上

【三ツ星】
二ツ星の認定を2年間継続し、書類審査の得点が100点満点中80点以上

と、このように星によってランク付け、評価されています。

コチラが最高ランクの三ツ星ステッカー。なお、この三ツ星を獲得する為には

『事業許可取得後3年以上経過していること 』

が申請条件にあるため、『三ツ星』と認定されるためには、すでにバス事業を開始している事業者で最短4年、新規事業者なら取得まで最低7年かかります。また、余談ですが、2016年1月に軽井沢で事故を起こした『株式会社イーエスピー(ESP)』は、バス事業を立ち上げたのが2014年5月とのことで、1ツ星すら取得していませんでした。

新規事業者だから危ないというのは語弊がありますが、厳しい安全基準をクリアした会社を選ぶ事が、自分の身を守るうえで、適切な判断である事は間違いありません。なお、東京を拠点に活躍するバスで『三ツ星』認定されているのは、平成28年1月20日現在で

(株)はとバス
(株)東急トランセ
東急バス(株)
ニュー東京観光自動車(株)
東武バスセントラル(株)
(有)ブルーグラスバス
冨士自動車(株)
小田急シティバス(株)
ワールド自興(株)
東京パッセンジャー(株)(旧:内山観光バス)
富士急行観光(株)
東京ヤサカ観光バス(株)
東京遊覧観光バス(株)
大島旅客自動車(株)
西東京バス(株)
帝産観光バス(株)

この16社のみ。これは覚えておいても損はないでしょう。また、サイト内(下)にあるPDFから、日本全国にあるバス会社の認定状況がチェックできますので、是非、一度チェックしてみて下さいね。

『バスを選ぶ基準が変わった!』とTwitter上にはたくさんのコメントが!

目立つ所に貼ってある『SAFETY BUS ステッカー』。バスに乗車する際、チェックしてみてはいかがでしょうか?

もちろん、三ツ星ステッカーが貼ってあるから“絶対に安全”とは言い切れませんが、安全なバスを見極める上では、非常に役立つこの『安全性評価認定制度』。なお、前回の軽井沢の事故で娘さんを亡くした父親が述べていましたが…

きょうも多くの若者がバスツアーに出掛けているでしょう。 是非、自分の身は自分で守るということを考えてください。 優先順位を間違えないこと、 安全は『マスト項目』であり、 費用削減は『ウォント項目』であることを冷静に考えてほしいと思います。 今回の事故につながったツアーに関して、 私たちは娘を信用しきって、内容をほとんど確認せずに参加させてしまいました。 あとの祭りにはなりますが、 『ツアーはどんな内容か』とか『ちゃんとシートベルトを締めろよ』とかの 声掛けをすべきであったと悔いております。

出典 http://bright-future21.com

安全は『マスト項目』であり、費用削減は『ウォント』項目である事。取り返しのつかない事になる前に、自分の身は自分で守らなければならいという事をしっかりと自覚し、今後のバス選び。今一度考え直してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス