その衝動は突然に…「ぁああーっ!あまいものが食べたいーー!」

仕事中だったり、帰宅途中だったり、食後だったり。
なぜか突然食べたくなる甘いもの。

しかし神様は実にイタズラで、そんなときに限ってお財布が空っぽだったり、コンビニを通りすぎたあとだったり、買い置きのお菓子を切らしていたり…

そうなるとますます食べたくなるのが人の性。
だったら自宅にある材料で、美味しいスイーツを作ってしまいましょう!

簡単♡牛乳からつくるベイクドチーズケーキ

ねっとり濃厚なベイクドチーズケーキは突然食べたくなるスイーツの代表的存在でもあります。
最近は専門店も次々とオープンするほどのブームにもなっていますよね。

ただ作るとなると、まず立ちはだかるクリームチーズの壁。
なかなか常備はしていないですし、丸ごと使う場合がほとんどなのでコストパフォーマンスも気になるところ。

そこで、今回は冷蔵庫であまりがちな「牛乳」を使ったベイクドチーズケーキの作り方をご紹介したいと思います。

■用意するもの(16cm丸型)
牛乳…3カップ(600ml)
レモン汁…大さじ3

砂糖…25g
卵…2個 ※黄身と白身にわける
薄力粉…20g ※ふるっておく
レモン汁…小さじ2分の1

【1】牛乳を耐熱容器に入れ電子レンジで40~60度程度に温め、レモン汁大さじ3を混ぜ10分ほど置き分離させます。

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

【2】分離したらフキンやキッチンペーパーを使い水分をしっかり切るとチーズができあがります。

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

【3】出来上がったチーズに砂糖、卵黄、薄力粉を入れよく混ぜます。レモン汁小さじ半分も入れ混ぜます。

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

【4】別のボウルに卵白と砂糖を少量加え、しっかりツノが立つまで泡立てます。

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

【5】チーズ生地に、泡立てた卵白を三回に分けて入れ潰れないようにさっくりと混ぜます。

バターを塗った型(もしくはクッキングペーパーを敷く)に生地を流し入れ、160度に余熱したオーブンで40分焼きます。

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

【6】串を刺してみてなにもついてこなければ焼き上がりです。

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

チーズまで手作りしているのに手軽♡でも失敗談もアリ…

砂糖もレモン汁も足りなかったらしく、チーズケーキの味がしなかった…。

出典 https://twitter.com

ヘルシーに仕上げようとした結果、失敗してしまったようです。
レモン汁が意外と重要な役割を果たしているので分量を守りましょう。

あっ 牛乳入れ過ぎちったテヘペロ☆ ってやって最後に足した小麦粉がダマになってるっぽくてかなしみチーズケーキ

出典 https://twitter.com

小麦粉はダマになるのでしっかりふるいましょう。
ひと手間で焼き上がりの見た目がかわりますよ。

思い立ったらすぐ作れる手軽さと安さが魅力。

牛乳ならクリームチーズの半分ほどの値段で済みますし、たったの10分でチーズが作れてしまうなんて驚きですよね。

分離していく姿が実験のような楽しさもあるベイクドチーズケーキ作り。
自分へのご褒美はもちろん、突然の来客や、迫るバレンタインデーにもオススメですよ。
ぜひ試してみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

さかいまりも このユーザーの他の記事を見る

プラチナライターになりました。
歳をとっても「おんなのこ」らしくありたいと願うズボラ主婦。
プチプラ、可愛いもの、チョコレート好き。
札幌、新潟、東京、埼玉を行き来しています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス