一日中、質問を繰り返してくる”なぜなぜ期”の子どもたち

Licensed by gettyimages ®

一日中「なんで?どうして?」を繰り返している”なぜなぜ期”の子どもたち。

子どもらしい質問をしてくるうちは可愛いものですが、いくら答えても次から次に飛び出してくる子どもの”質問”に「勘弁して」と思ってしまう大人も少なくないのではないでしょうか?

現在ツイッターでは、そんな”なぜなぜ期”の子どもとのエピソードが話題になっているようです。

事の発端はTakuya Kikuchi(@kikuchi4560)さんが投稿したこちらのツイート。

なぜなぜ期に突入したという友人の子どもと一緒に留守番することになったという投稿者。

「ムーミンでも観せながらホットケーキとか焼いて過ごせばいい」と思っていたそうですが、子どもの方はそんなことには目もくれずこんな質問を繰り返したんだそう。

「生きるのって楽しい?」

「いつか絶対に死ぬのにどうしてお仕事がんばるの?」

その後、投稿者と子どもの間で2時間に渡り、繰り広げられたという禅問答。

投稿者いわく「新手の地獄かと思った」という出来事を紹介したツイートは1万回以上もリツイートされ「てごわい…」「こんなこと言われたら、泣きながら家出しちゃうw」など様々な声があがっているようです。

「答えようがない質問にも一緒になって考えることが大切」との声もある

Licensed by gettyimages ®

なぜなぜ期に見られる子どもの直球すぎる質問攻め。

このことに関してツイッターでは『「楽しい」と答えてあげればよかったのに…』の声があがる一方で、『答えようがない質問に対しても一緒になって考え、答えようとすることが大切との声もあがっているようです。

一説によれば、その後の子どもの人生にも影響を与えるといわれる「なぜなぜ期」

面倒でも根気よく付き合ってあげるように心がけたいですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス