記事提供:Techinsight

ウーマンラッシュアワーの村本大輔がベッキーとミュージシャン・川谷絵音(ゲスの極み乙女)の不倫騒動について週刊誌の報道が一方に集中していると指摘した。

彼がツイッターでスキャンダル報道の法則を説いたところ、「謎に感動した」「芸能界の裏」とフォロワーの反響を呼んでいる。

1月31日、『村本大輔(ウーマンラッシュアワー)(WRHMURAMOTO)ツイッター』でフォロワーの「ゲスが叩かれないのが許せない」というつぶやきに反応したウーマン村本

週刊誌は人気のある芸能人を扱った方が販売数が伸びるので「知名度ある方を記事にして叩く」と解説、さらに「それにまんまと流されてるニュースと世間」と持論を展開した。

それに対して「そうなのか」「出る杭は打たれやすいってことか。マジメな話。本当にゲスな人って意外に隠れてるのにね」と共感するコメントが届く一方で、

「そのための雑誌じゃからなぁ。それがないなら雑誌も存在しとらんし」という意見も見受けられる。

また、「相手のことを思いやるのなら、この話題に触れないでくれるのが一番嬉しいと思う。もう、話題にしないで。静かにそっとしてほしい」という考えや、

「川谷単体だとドコの誰?って位弱いから…」と報道で“ゲスの極み乙女。”の名が出ることとなり、「他のバンドメンバーまで一部で非難されホント嫌」との声もあった。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス