出典 http://www.kantei.go.jp

記事提供:まぐまぐニュース!

金銭授受をめぐる問題で1月28日に辞任した甘利経済再生担当大臣。

「政治家による口利き」という悪しき習慣がまた垣間見えましたが、ジャーナリストの内田誠さんは自身のメルマガ『uttiiの電子版ウォッチ』で、甘利氏の謝罪会見に関する新聞各紙の報道を詳しく分析。

そこから浮かび上がってきたのは、甘利事務所側に関する「ある疑惑」でした。

金銭授受疑惑追及の視点

辞任した甘利経済再生担当大臣金銭授受を巡る問題は、予算委員会が始まれば、野党の好餌となることでしょう。

そこで焦点になるのは、甘利事務所が関わった今回の事案の背後に、膨大な口利きの山が築かれていたのではないかということ、翻って、自民党という党の体質が、そうしたものと一体不可分なのではないかという視点です。

これから注目を浴びるはずの予算委員会での審議。そのなかでどんな質問が繰り出されるのか、考えてみたいと思います。

今朝の新聞を見ていて、一つのことに気付きました。

昨日、《東京》が注目した甘利氏の発言について、《毎日》が大きめの記事を用意していたのです。甘利発言とは、辞任会見の際に甘利氏がついつい口に出してしまったあの一言…。

「政治家の事務所は、いい人とだけ付き合っていたら選挙に落ちる」。

この発言の重要性を、見出しによって強調していたのは昨日の《東京》だけでした。

《東京》の記者は、「浮かび上がったのは、前時代的ともいえる古い自民党の体質そのものだ」と指摘し、甘利氏が「来るものは拒まずでないと、残念ながら当選しない」とか、

「その中で、ぎりぎり、どう選別していくのか」などと語ったことに対しても、甘利氏の説明では「業者を見極めたとは思えない」と一刀両断にしています。

実際、秘書は何の警戒もせずに業者を信用し、金を受け取っていたようですから、言われても仕方がないですね。もちろん、今回の業者が「いい人」なのかそうでないのかは分かりませんが。

今朝の《毎日》は、5面記事でこの点について触れています。

この記事の見出しは「秘書流用判明で決断」となっていて、甘利氏が辞任を決断するに至ったポイントについての分析記事になっているのですが、その横に「野党、疑惑追及へ準備」という部分があり、「合わせて一本」の形になっています。

野党は件の甘利発言に注目していて、甘利発言は「自民党の古い体質の表れ」であり、自民党全体の問題として追及するのにうってつけだからだと野党側の思惑に触れています。以下、この記事の注目点を若干紹介しましょう。

「自民議員にとって、支援を申し出る支持者とどう付き合うかは長年の課題だ」

こんなことを語ったのは、麻生太郎財務相。「普通に見えて反社会的な人たちとは分からない人はいっぱいいる。そういう意味では議員にとって極めて厳しい状況にある」と述べ、反社会勢力につけ込まれる余地があることを認めたといいます。

まあ、麻生さんの場合、自分は見た目ギャングだけど、「本当は良い人なんですよ」と言いたいのかも知れないですが(笑)。

週刊文春にも出ていない、《読売》「関係者の話」から見えた「ある疑惑」

石破茂大臣は「閣僚や議員が本人とは関係のない事務所関係のことで責め問われるのをずっと見てきた」として、秘書に任せた会計処理の問題で議員が閣僚辞任に追い込まれてきたことに懸念を示し、

その上で「国会議員に頼むと何かをしてもらえるのではないかという思いを抱かせる仕組みをどうすればいいか」と述べ、意識改革の必要性を指摘したそうです。

でも、その怪しい人たちとの付き合いを含め、不明朗な口利きビジネスで潤ってきたのは当の議員秘書たちでしょう。

「本人とは関係のない事務所関係のこと」という言い方自体、すでにだと思いますが、記者はその点に疑問を感じなかったのか、全く突っ込んでいない様子。ここは野党の論客の皆さんに、代わりに突っ込んでもらいましょう。

もう一つ、重要なポイントがあります。これは《読売》が「関係者」の話として書いていることで、週刊文春にも、甘利会見でも出てきていないことなのですが、

2013年8月に建設業者から公設秘書が500万円を受け取ったあと、200万円は政治資金報告書に記載したものの、300万円は自分の机の引き出しに入れて好き放題に使っていたという例の話。

このとき、業者が持ってきたのは1000万円だったというのです。それを、甘利事務所の側から「高すぎる」として500万円にしたということが言われています。

なんだか、「甘利さんの所って、良心的なんだね」という不謹慎な感想が口をついて出てきそうですが…。

これ、本当であれば、甘利事務所の側に、口利きに対する値段表があったということでしょう。

こんな口利きならいくら、こういう難しいのはいくらいくら、というように、メニューというか、仕事に対する対価がどのくらいかという、いわば相場についての観念が事前に存在していたということでしょう。

「口利き」が業務として日常化していなければ、こんなやりとりはあり得ません。「1000万円は高すぎる」という“良心”の出所は、過去に取引が繰り返されたという事実以外、考えられないからです。

野党の皆さんには、是非、こんなところも責めどころとして考えていただきたいものです。国会が楽しみになってきましたね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス