映画『ハリー・ポッター』シリーズの原作者であるJ・K・ローリングが、ホグワーツを含め、世界には長い歴史を持つ名門魔法学校が11校存在すると「ハリー・ポッター」シリーズのウェブサイト「ポッターモア」で発表しました。

なんと!日本にも一校あるという!

日本にある魔法学校の名前は「マホウトコロ(Mahoutokoro)」。

東京から南に約1,300キロのところに位置する南硫黄島にあり、白翡翠で作られた校舎は精巧でとても美しいのだそうです。

「ポッターモア」で公開された魔法学校の世界地図には、近世の日本の城のようなビジュアルが記載されています。

出典 http://www.japantimes.co.jp

これが「マホウトコロ」だ!!

マホウトコロはどんなところ?

古くからある日本の学校は11校ある魔法学校の中で最も生徒数が少ないそうです。7歳から入学可能ですが寮に入れるのは11歳からのため、その年齢に達していない生徒たちは巨大なウミツバメの群れの背に乗って通学することになります。

生徒たちが入学時に受け取るのは、成長に合わせて自動的にサイズが変わり、淡いピンク色から能力によって色が変化していく魔法のローブです。

全ての教科でトップの成績を収めれば金色になる一方で、闇の魔術を使ったり国際機密保持法を破ったりすると、ローブはその世界では不名誉にあたるという白色に。このローブの生徒は即退学処分となり、日本魔法省で裁判にかけられるとのことです。

また、「マホウトコロ」は学問に秀でているだけでなく、クィディッチの強豪校としても名をはせているとのことです。日本にクィディッチを紹介したのは、数世紀前、不適切な箒で世界一周旅行をしようと試みた向こう見ずなホグワーツの生徒の一団で、強風に吹き飛ばされたところを「マホウトコロ」の職員に救出された彼らが、同所に滞在中にクィディッチの基礎を教えたといいます。

荒れた海、嵐の起きやすい島でのトレーニングによって、日本のクィディッチチームはホグワーツの生徒が基礎を教えたことを後悔するほど上達。現在のチャンピオンズリーグの勝者は「トヨハシ・テング」という日本のチームだそうです。

出典flaskposten.wordpress.com

そのほかの世界の魔法学校は、北米にあるのがイルヴァモーニー。

ブラジルの熱帯雨林にある廃墟の寺院に見せかけた学校の名前はキャステルオブルーシューで、薬草学と魔法生物学を専門としているそうです。ヨーロッパの魔法学校の生徒との交換留学制度を導入しており、ロン・ウィーズリーの兄ビルが留学することになっていた学校だそうです。

アフリカにあるのがワガドゥで、最古で最大の魔法学校とのこと。ここの生徒は、杖を使わずに手で魔法をかける訓練をするといいます。



このニュースを耳にしたファンの妄想が止まらない!

こういうアニメありそうです!

和は入れて欲しい要素ですよね。

こんな風だったら素敵ですね!

大河ドラマなのです。

こういうイメージも良いですね!ミステリアスです。

マホウトコロにも、寮のカラーはあるのでしょうか。

みんな大好き学生服♪

和っぽくて良い!

ホグワーツのように、料理が山盛りで出てくるのでしょうか。

日本人ですから!

素敵な発想ですね!

そうだったら、かなりカッコいいです。

ネットでは、この話題でかなり盛り上がっているようです。

また、北米の魔法学校「イルヴァモーニー」は、2016年冬に日本で公開予定のアメリカが舞台とされる映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」とも関係が深そうだということです。




マホウトコロの詳細については上記のサイト様から引用させていただきました。



この記事を書いたユーザー

もちもちたまご このユーザーの他の記事を見る

読んで頂きありがとうございます♪猫とファンタジーと食べることが大好きな健康オタクです(◍•ᴗ•◍)

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス