みなさん、毎年2月2日が「ツインテールの日」ということをご存知でしたか?

出典 https://www.youtube.com

45メートル・1万5千トンの円谷プロダクション所属の彼ではなく・・・

「ツインテールの日」

2012年1月24日、日本記念日協会より2月2日を「ツインテールの日」とするという決定が下されました。

“男性の皆さん、ツインテールの日に心惹かれる女性に2本のゴムを渡しましょう。
女性の皆さん、もしあなたに彼の気持ちを受け止める心があるのならツインテールで応えましょう”

二人をつなぐのは2本のゴム。決してほどけることのないように、この日だけはぎゅっと結んで。ツインテールの日がこの国に広まる中で、恋人たちの大切な絆がより確かなものになること、それだけが協会がこの日に対して願う思いです。

出典 http://twintail-japan.com

なんと2012年1月24日から正式に認められている記念日なのです。
そして、とてもとてもロマンチックな理由で始まったんですね。

出典 http://twintail-japan.com

こっちのツインテールです。か、かわいい。

一体誰が「日本ツインテール協会」なるものを立ち上げたのでしょう?
きっと「ツインテール」が似合う素敵な女性が立ち上げたに違いないのでは?

日本ツインテール協会会長「古谷 完」

出典 http://www.cme-web.com

と、思いきや。ツインテールではなくパーマ感の強い、イケメンのお兄さんがでてきました。この「古谷さん」は一体何者なのでしょうか。

≪写真家・アイドルプロデューサー・glambデザイナー≫ 可愛いは正義!と信じ、日本ツインテール協会会長として、 アイドルユニット『drop』『まねきケチャ』のプロデューサーとして、日々、可愛いを全身全霊で発信しています!

出典 https://twitter.com

「glamb」というファッションブランドのデザイナーや、アイドルプロデューサーとマルチな活動をされている方のようです。

出典 http://geinoujin-aiyou.com

ファッションに敏感な芸能人やミュージシャンも愛用するブランドのデザイナー。
なぜそんな人が「ツインテール協会会長」なのでしょうか。

「ツインテール協会」についてのインタビューがありましたので、見ていきましょう。

Q:ツインテールの魅力とツインテール協会ができた経緯についてお願いします。

古谷会長:ツインテールは子どものするもの、学生がするものとか、どちらかというと、ネガティブなイメージ。これは勿体ないなという思いがありました。
こういった間違った認識や、ステレオタイプがあっては勿体ないなと思って、ツインテールの魅力をもっと世に広められたらなという使命感を抱いたのが始まりです。

出典 http://www.oanavi.com

とっても熱い使命感があって立ち上げた協会だったのですね。
古谷さんのツインテールに対する思いは本物のようです。

Q:ちなみに会長はどんなツインテールがお好きですか?

古谷会長:どういうタイプというより、ツインテールを普段していない女の子がツインテールにする瞬間、このツインテールは合っているのかという恥じらう瞬間がやっぱりたまらない。髪を結わく瞬間や、結わいた髪をほどく瞬間が好きです。

出典 http://www.oanavi.com

さすが会長。奥が深いですね。

「ツインテール協会」の暗躍・・ではなく活躍によってメディアでもツインテールが注目されはじめ、ついにはこんな本まで出ているようです。

出典 http://blog.livedoor.jp

有名なモデルさんやタレントさんを起用した写真集です。

そして、古谷さんはこんな風にインタビューを締めくくっています。

ツインテールが流行っている最大の理由は、女の子の変身願望。
撮影している女の子たちと話してる中で、コスプレでツインテールやりたいという女の子たちがすごく多い。
ツインテールは変身願望を叶える小さな魔法なのではないでしょうか。
また、いつもの自分とはちょっと違う気分にツインテールはしてくれるといいます。
これがツインテールが流行っている影の最大の理由なのではないでしょうか。

出典 http://www.oanavi.com

なるほど。ツインテールは日常であって、また非日常でもあるんですね。

さて。2016年「ツインテールの日」は、女の子たちはどのように変身をしていたのでしょう。live配信アプリ「takusuta」でも沢山の女の子がツインテールで配信していましたよ!

出典 https://twitter.com

可愛い女の子ばかりですが、いろんなツインテールがありますね。

その中でも「takusuta 2016ベストツインテール」を厳選してご紹介させていただきますね。

関口愛美(ロンリーデジタルパフォーマー)

出典 https://twitter.com

「チャンネル登録者47000人」という大手YouTuberさんです。
タレントやクリエイターとしてもマルチに活躍されています。普段このような彼女が・・・

出典 https://takusuta.com

初音ミク風なツインテールを披露してくれています。

出典 https://takusuta.com

ガバッ!!!

出典 https://takusuta.com

地毛バージョン。これも可愛いですね。

岩間 夏美

出典 https://twitter.com

関西でモデル活動をされている岩間夏美さん。企業のイメージモデルやラジオパーソナリティーとマルチに活躍されているそうです。

出典 https://twitter.com

いわゆる「定番なツインテール」とは違い、大胆なアレンジを施されています。
生足がセクシー。

出典 https://twitter.com

珍しいツインテールに、コメント欄でも突っ込みが入っているご様子。モデルさんらしい、お洒落すぎるヘアアレンジですね。

koza

出典 https://twitter.com

現役女子高生のkozaさん。ヘアメイクを得意としているイマドキの女の子。
一体どんなツインテールになるのでしょうか。

出典 https://takusuta.com

確かに、正統派ツインテール!かわいい!

出典 https://takusuta.com

笑顔が素敵ですね。クラスメイトはこの笑顔にやられていそうですね。

林 愛美(まっちょ)

出典 https://twitter.com

最後はこの方。関西を中心に芸能活動も行っているという駆け出しアイドル?の林愛美さん。どことなくクールな雰囲気がします。

出典 https://takusuta.com

と、思いきや関西らしいノリのいいお姉さんでした。

出典 https://takusuta.com

とにかくよく笑います。見ている方もなんだか和んでしまいますね。

ここで紹介した4名の他にも、沢山の女の子が「ツインテール」にチャレンジしており、なんと20人弱の方が同時に「ツインテール配信」を放送していました。
2012年から始まった「ツインテールの日」、さらに盛り上がっていきそうですね。

出典 https://takusuta.com

来年は男性もバナナテール・・ではなく、ツインテール姿も見てみたいですね。

この記事を書いたユーザー

takusuta公式スタッフ このユーザーの他の記事を見る

見逃せないスクープから恋愛相談までLIVE中継、takusuta

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス