2月3日は”節分の日”

Licensed by gettyimages ®

2月3日は節分の日。

節分の日といえば豆撒き。そして、年の数だけ豆を食べるという習慣があります。

そんな”節分の日”を目の前にして、消費者庁は、3歳ごろまで豆を食べさせないように注意を呼びかけているようです。

乳幼児が豆やナッツ類を口にすると気道に入りやすく、肺炎や気管支炎を引き起こす恐れもあるとして、消費者庁は3日の節分に向け、「3歳ごろまでは食べさせないで」と注意を呼び掛けた。

出典 http://www.kyoto-np.co.jp

小さな破片でも事故につながるので注意が必要。同庁は「乳幼児は食べ物をのみ込む力が十分に発達していない」と指摘する。

出典 http://www.sankei.com

豆の誤飲によって引き起こされる大事故

Licensed by gettyimages ®

乳幼児でも食べやすいように細かくした小さな破片であっても十分に危険だという豆類。

これまでにも乳幼児が豆を食べたことによる事故は起こっているようで、豆の破片が気道に入り込むことで、気管支炎や肺炎を起こすこともあるんだそう。

取り除くには全身麻酔が必要で、肺の部分切除に至る場合もあるとしています。

「発熱とせきがあり肺炎疑いで入院。退院後もしつこい咳が続き、数か月後に気管支異物(ピーナッツの破片)が発見された。」(2歳)

「豆が混ざったクッキーを誤嚥し、しつこいせきが出て、一時的に唇が紫色になり救急受診。」(1歳)

「砕いて小さくしたアーモンドを食べていた。突然むせ込み、その後、せきと高熱が。数日たっても状態が安定せず、気管異物が認められ入院。」(1歳)

出典 http://www.caa.go.jp

豆やナッツ類の小さな破片が気道に入った場合、放置すると気管支炎や肺炎を起こすこともあります。取り除くには全身麻酔が必要で、場合によっては肺の部分切除となることも。

出典 http://www.caa.go.jp

特別な日だけあってついついあげてしまいがちな”節分の豆”

Licensed by gettyimages ®

そのほかにも、子どもが自分の鼻や耳の穴に豆を入れてしまい取れなくなることも…。

鼻の穴などに入れてしまうと、豆は湿気を吸って膨らむため時間が経つほど取るのが難しくなるといわれています。

特別な日だけあって、ついついあげてしまいがちな節分の豆。

大切な思い出が残念なものになってしまわないように十分注意する必要がありそうですね。

誤飲のほかに、子どもが豆を鼻や耳の穴に入れてしまい、取れなくなるというトラブルにも気をつけたい。思わぬ事故にならないよう、節分の豆まきを行なう際は注意が必要だ。

出典 http://www.agingstyle.com

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら