返信を遅らせる

相手の気を引く方法として、「返信を遅らせる」ことがあります。

ちょっと時間を置いて返事をすることで相手をヤキモキさせる

出典 http://za-sh.com

相手をヤキモキさせる…ということですね。

デートの誘いに対する返事を焦らすと、男性の心は大いに揺さぶられる

出典 http://girl.sugoren.com

デートの誘いをした方は、返事が来るまで気持ちが揺れます。

自分が相手から安っぽく見られないという効果もあります

出典 http://za-sh.com

すぐにOKの返事をしてしまうと、「軽いな」と思われる可能性があります。したがって、返信を遅らせることで、相手から安っぽく見られることを防ぐ効果があります。

(返事をもらう方は)少し焦れたタイミングでOKの返事をもらうと、うれしさが倍増します。しかし、返事が遅すぎると、「もったいをつけているのか」、「駆け引きをしているのか」、「後回しにしているのか」と思います。※イラッとすることもあります。

遅すぎないようにすることも大事です。

感情を表現する

LINEもメールも、顔の見えないコミュニケーションです。

顔が見えないコミュニケーションであるメール

出典 http://googirl.jp

したがって、感情の表現がポイントになります。

特にうれしい、悲しいという表現はしっかりすることが大切です

出典 http://googirl.jp

感情の表現は、わかりやすくハッキリすることです。

気になる男性から食事に誘われたら「すごくうれしい!ありがとう」とやや過剰なくらいな感情表現をすると効果的。男性は意外と鈍感なところがある

出典 http://googirl.jp

女性⇒男性の場合は、「やや過剰な表現かな?」と思うぐらいで、ちょうどいいでしょう。たとえば、「ありがとう」ではなく、「すごくうれしい!ありがとう!」と表現します。

男性は鈍感なので、それぐらいの勢いで感情を表現しないと、伝わらないのです。

「相手の名前」を入れる

メッセージ内に、「相手の名前」を入れましょう。

自分の名前が繰り返されているとなぜか気になる

出典 http://girl.sugoren.com

会話でもそうですが、自分の名前を呼ばれると、ドキッとすることがあります。

心理学で「ネームコーリング」と呼ばれるテクニックだ

出典 http://president.jp

これは、「ネームコーリング」と呼ばれるテクニックだそうです。

「この人は自分に好意を持っているようだ」と感じる。すると「笑顔の返報性」と同様の「好意の返報性」により、相手も自分に好意を持つようになる

出典 http://president.jp

会話の中で名前を呼ばれると、呼ばれた方は、「この人は自分に好意を持っている」と感じます。そう感じれば、「返報性」により、好意を返します。

つまり、相手の名前を呼ぶことで、相手から好意を受けられるということです。これは、会話に限ることではありません。LINEやメールでも使えるテクニックです。

「Re:」は消す

メール返信時の「Re:」を消しましょう

返信をするとき、タイトル部分の「Re:」は消した方がいいでしょう

出典 http://googirl.jp

ビジネスでは、「Re:」を残した方がいいのですが…

自分が書いた題名にRe:がついて戻ってくるとなんか悲しい気分になります。あげた手紙をつき返されたような気分とでも言うのでしょうか

出典 http://oshiete.goo.ne.jp

プライベートでは、「Re:」を消した方がいいと思います。

たとえば「返信ありがとう☆」などと入れて、相手が読みたくなるメールを作成することで、二人の関係が進展しやすくなるでしょう

出典 http://googirl.jp

わざわざ「Re:」を消して、タイトルを書いてくれた ⇒ その気持ちがうれしい となります。「Re:」だと、事務的・仕事的な感じがします。

LINEのスタンプを駆使する

LINEであれば、スタンプで感情表現しましょう。

メッセージのあとにスタンプをつける

出典 http://woman.mynavi.jp

メッセージのあとに、スタンプをつけます。

自分らしいスタンプやかわいいスタンプ、さらにそのスタンプひとつで話題が広がることもあり、使用する女性は多いようです

出典 http://woman.mynavi.jp

スタンプのチョイスに、その人の個性やセンスが出ますね。

ハートの絵文字やスタンプはタイミングを見計らう

ハートの絵文字やスタンプは、使うタイミングを見計らいましょう。

ハートの絵文字を入れるベストタイミングとしては、相手と会った回数が4回目を越したあたりでしょう。その頃になれば、お互いに対する理解も深まっている

出典 http://googirl.jp

最初から使うと、「誰にでも使う人なんだ」と思います。そして、(相手は)あまり深い意味のないものだと思うでしょう。一方、タイミングを見計らって使うと、それなりの効果を持ちます。

絵文字やスタンプはピンクを意識する(女性⇒男性)

絵文字やスタンプは、ピンクを意識しましょう。

ピンクという色は、恋愛を象徴する

出典 http://googirl.jp

ピンク色は、恋愛を象徴するカラーです。

相手はあなたのことを「女性らしい」「可愛い」と思う可能性がありますよ

出典 http://googirl.jp

男性はピンクに反応します。自分が取り入れられない色だから…ということもあると思います。

ピンク色の飾りや身に着けるモノで、恋愛運をアップさせましょう。ピンク色は風水的に恋愛に良い色だと言われます

出典 http://biplan365.com

ピンクは恋愛に良い色だそうです。

ただし、ハートと同じで、多用することはよくありません。さりげなく使う必要があります。上手に使えば、もしかすると、恋愛を引き寄せてくれるかもしれません。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス