映画やドラマで、発砲されながら追われているが水中に逃げ込んで助かる、なんてシーンを見たことありますよね。

あれはまぁ水上から撃っているわけですが、では水中で発砲した場合はどうなるの?

そんな疑問に対して、水中で発砲した弾丸は抵抗でほとんど進まないという仮説があるのですが、それを身を持って実証した物理学者がいました。

身体を張って実証してみた!

出典 https://www.youtube.com

今回、身体を張って実験に挑んだのは、ノルウェーの物理学者Andreas Wahl(アンドレアス・ワール)さん。

出典 https://www.youtube.com

水中にいるワール博士の前には、ライフル銃が…。

出典 https://www.youtube.com

そして左手にはロープ。

出典 https://www.youtube.com

これを引っ張ると、ライフル銃の引金を引くことに…。

出典 https://www.youtube.com

3…2…1…

発射!!

出典 https://www.youtube.com

銃口からウォーター・バブルと共に銃弾が飛び出て…

出典 https://www.youtube.com

なんと、博士の計算通り、3メートル手前でプールの底へ落下。

出典 https://www.youtube.com

これには博士も一安心。

自分の計算に自信はあったのでしょうけど、目の前で自分に向かってライフル銃をぶっ放すなんて…。まさにマッドサイエンティスト(科学者ではないけど…)ですね。

出典 YouTube

動画の解説によると、水の分子は空気の分子よりも密接なので、水中で物体が移動するのは空中よりも困難だということですが、かと言ってここまで危険を冒して実証することもないでしょうに…。

良い子も悪い子も、絶対に真似はしないでくださいね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス