あなたの住みたい街はどこですか?

これまで、各社の東京の住みたい街ランキングでも不動の1位だった「吉祥寺」。

ところが昨年、その人気は第11位と、トップ10圏外となり、人気の街の順位も大きく変わってきているようです。

住宅・不動産サイト「O-uccino」賃貸サイトが発表した、2015年1月1日〜12月31日のアクセス数をもとにした「2015年、人気の高かった駅・沿線ランキング(賃貸/首都圏編)」を見ながら、人気の理由を探ってみましょう。

まずは「人気の駅」から。

筆者は、家賃さえ許せば、勤務地5分圏内に住みたいタイプ。

皆さんそれぞれに「叶うなら住みたい街」もあると思いますが、こちらのランキングは「実際に物件を検索された数」に基づくため、“単なる憧れ”ではなく、お財布事情や生活利便性が反映された現実的な内容になっている印象です。

■第1位に輝いた「荻窪駅」は、ファミリー層にお得な街

閑静な住宅街が広がり、文化人も多く住む「荻窪」。

JR中央線、東京メトロ丸ノ内線の2路線が通り、丸ノ内線では新宿・東京方面への始発駅。

つらい朝も、座って通勤可能なのが嬉しいところです。

高円寺、吉祥寺、中野、秋葉原など、趣味の街へも簡単に出られると同時に、赤坂見附や大手町、霞が関など都心に勤める社会人にとっても非常に利便性の高い街です。

駅前には商業施設や商店街、24時間営業のスーパーなどがあり、近くには大田黒公園という、紅葉のライトアップが有名な日本庭園や、区立図書館などがあるため生活環境も申し分なし。

さらにポイントが高いのが、上位3駅のなかでは3LDK以上の物件の家賃相場が、最も安いというところ。

ファミリー層や子育て世帯にとっては、都心へのアクセスと家賃相場を勘案すればお得な街と言えそうです。

■第2位「目黒駅」は再開発に注目

出典はっちー。 / PIXTA

JR山手線、東急目黒線、都営三田線、東京メトロ南北線の4路線が乗り入れ、交通利便性が高い目黒駅。

「ヒルトップガーデン目黒」や「アトレ目黒1・2」といった、複合商業施設が駅と直結している都会的な部分に加えて、落ち着いた雰囲気も持ち合わせたエリアです。
少し歩けば、目黒川や国立科学博物館附属自然教育園などの豊かな自然もあり、神社仏閣も多い街。

この雰囲気はここ十数年変わらないのにも関わらず、順位がジャンプアップしたのは、目黒駅東口(品川区側)で、かつてない規模の複合再開発(ツインタワー)が始まったことなどが背景にありそう。

2017年末の完成に向けて、今後さらに人気が高まるかもしれません。

■第3位「武蔵小杉駅」は4年連続トップ3入り!

人気の衰えない「武蔵小杉駅」がある川崎市は、昨年「待機児童ゼロ」を達成するなど子育て世代に嬉しい街。

最近では「ムサコ妻」なる呼び名も生まれるほどです。

若年者人口も多いため財政状況が良く、地方公共団体の財政力を示す指標である「財政力指数」は1.00と、政令指定都市の中でも最上位です。

交通の面から見ても、新宿や渋谷、品川、東京まで20分程度と、都心へのアクセスも抜群で、バランスの良い暮らしやすさが人気の理由のよう。

■第4位「赤羽駅」は、ビジネスマン&子育て世帯注目の“穴場”

出典ジャバ / PIXTA

3月には上野東京ラインが開通し、新宿・池袋・渋谷だけでなく、東京、品川などのオフィス街へもさらに出やすくなり注目を集めた「赤羽駅」。

2014年11月には駅高架下に複合商業施設がオープンしました。

また、駅が位置する北区は、子育て支援に力を入れているところにも注目。

中学3年生までの入院・通院の医療費助成を行うなどさまざまな支援策を用意しているので、子育てを考えるファミリー層にとっては穴場な街といえそうです。

第6位「西葛西駅」や第10位「平井駅」がある江戸川区は、区独自の「乳児養育手当」があり、また「公園面積が東京23区中、第1位」と自然も豊富で、子育てに適した街。

都心へは15~30分程度と、通勤にも適しているので、共働き世帯にも暮らしやすいですね

■沿線で見てみると……?

「人気の沿線」ランキングでは、人気駅にランクインした荻窪駅や中野駅を通る「JR中央線」が第1位。

吉祥寺や高円寺、阿佐ヶ谷などの人気エリアと、新宿、飯田橋、東京といった主要駅を結ぶ沿線は、駅周辺に充実した商店街・商業施設が広がっていて、人気が衰えません。

沿線には一橋大学、上智大学、東京理科大学など大学も多いため、賃貸ニーズが高く、供給量も群を抜いて多くなっています。
第2位は「JR山手線」。

いわずもがなの交通利便性によって、家賃相場は高めですが、家賃差も大きく、池袋から西日暮里の間あたりではリーズナブルに賃貸物件を借りることもできます。

ネックだった通勤電車の混雑度の高さも、上野東京ラインの開通により緩和されました。

第3位「JR総武線」と第4位「JR京浜東北線」は、都心から東京都下や神奈川県、埼玉県、千葉県の住宅地へと伸びており、幅広い条件から部屋を探すことができるのが魅力です。

ランキングから見えてきた、各駅の生活利便性・交通・家賃・自治体の支援。
これから物件を探すなら、駅にこだわらず、実現したい暮らしを不動産屋さんに相談してみるのもオススメ。

「家賃をできるだけ上げずに通勤時間を減らしたい」「子育てを少しでも楽にしたい」などフンワリした相談でも、あなたにぴったりの駅を見つけてくれるはずです。


【あなたにオススメの記事】
「住宅ローン」を借りられる人と、借りられない人の違い
「貧乏貯金」って知ってる? 浪費してしまう人にオススメな理由!

(オカダヒロタケ)

【参考】※ 2015年、人気の高かった駅・沿線ランキング – ​​株式会社オウチーノ

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス