誰にとっても嫌な通勤ラッシュ

Licensed by gettyimages ®

筆者も経験ありますが、通勤ラッシュ、嫌ですよね。朝からストレス溜まる、溜まる。満員電車のあの空気の悪さ、日本だと特に梅雨時が天気にも増して気持ちもどんよりしてしまいます。

それでもみんな仕方なく満員電車で通勤するわけです。でも「どうせ満員ならみんなで一緒に楽しんだ方がずっとマシじゃないか」ということで今回、英私鉄のある運転手さんがあることをしているのが話題に。

というのもこの運転手さん、乗客にクイズを出すんです。そしてほとんどの乗客もそのクイズにノリノリ。ツイッターでは「その電車に乗りたい!」「運転手の乗客への気配りが素晴らしい」と称賛の嵐。

運転手のおかげで満員電車内の乗客が笑顔に

出典 http://www.dailymail.co.uk

運転手のスティーブさんは、只今SNSでセンセーションを巻き起こしています。スティーブさんはサザン・レイルウェイでロンドンからブライトンなど南のエリアを往復運転していますが、毎回違う時間帯に運転するために、クイズのことを知った乗客からは「スティーブさんの電車に乗りたい!」とリクエストがでるほど。

スティーブさんの運転する電車はロンドンで最高の電車⁉

出典 http://www.dailymail.co.uk

誰もがイライラしがちの満員電車を、クイズを出すことで乗客に笑顔をもたらしたスティーブさん。もちろん運転手としての仕事もしっかりやっているということでサザン・レイルウェイ会社は「安全を第一に運転しているなら問題ない」とスティーブさんのクイズを咎める様子はなさそう。

スティーブさんからクイズが出されるたびに、乗客はツイッターのハッシュタグ #TimeTunnelTrain で投稿し合い盛り上がっているそうです。まだスティーブンさんの電車に乗っていない乗客でもツイッター経由でクイズに参加したりして、今やスティーブさんの運転する電車は「ロンドン一最高の電車!」と呼ばれているそうです。

一方で「静かに眠りたいのに」という乗客もいるようで、全員がこのクイズ電車を歓迎しているわけではなさそう。とはいえ、筆者の経験ではロンドンの地下鉄も私鉄も「電車の中で眠る」という習慣が日本ほどはないのです。

早朝の電車ならともかく、イギリス国内では乗客のほとんどは新聞や本を読み音楽を聴いているといった状態で、日本のように座っている乗客のほぼ全員が寝ているという光景は珍しいこと。だからこそスティーブさんが出すクイズはストレスが溜まりがちな満員電車で、乗客にはいい退屈しのぎとなっているのでしょう。

こういうことはひょっとして寛容なイギリスだからこそウケるのかも知れません。日本でもし運転手が運転中にクイズを出そうものなら、乗客の誰かが鉄道会社に安全面においての苦情を言ったり、寝ようとしている乗客からも「うるさい」と文句が出そう。

他の路線の乗客からも羨ましがられるほど、スティーブさんの運転する満員電車が人気に。これもスティーブさんの乗客への気遣いから始まったこと。毎日乗客を楽しませてくれるスティーブさんには「お給料上げてあげて!」との声も。

なんとスティーブさん、歌を歌ってクイズを出すこともあるとか。こんな陽気な運転手がいる電車に乗れば、月曜の朝の憂鬱な気分も一気に吹っ飛んでしまいそうですね!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス