◆ THE・日本!と言える「干物ポーチ」

出典 http://isuta.jp

海外でも人気の「クールジャパン的グッズ」として今注目を浴びている、干物ポーチってご存知ですか?ジッパーを開けるとアジの開きになる「アジなケース」が話題の干物ポーチに新作が登場し、ネット上で話題となっています。

◆ めで鯛ケース

出典 http://isuta.jp

めで鯛ケース(2551円)
新年早々に発売された、干物ポーチの新作はお祝いの席でも使えるかも?な、鯛をモチーフとしためで鯛ケース。

出典 http://isuta.jp

リアルな鯛のプリントは、ちょうどいい具合に焼けた鯛の開きをモチーフにしているんです。食べられそうですが、もちろん本物ではありません。

出典 http://www.tokyokitsch.com

ジッパーもホワイトとピンクの2色から選択可能とのこと。個人的にはピンク色の方が柄と一体感があってかわいいな、と思いました!

◆ ほっケース

出典 http://www.tokyokitsch.com

ほっケース(2551円)
干物ポーチの出発点となった、ほっケース。居酒屋さんに行くと、どこでも必ず食べられるメニューですよね。

出典 http://www.tokyokitsch.com

すべての干物ポーチはここから始まった…。

「ホッケ一つください~!」とは、高級な飲食店が林立する神楽坂でビール一杯180円のチラシがやたら目につく居酒屋「竹子」でよく言ったものです。「竹子」に限らずホッケは居酒屋の定番メニュー。そのホッケが一人の思い付きで「ホッケース」に変化しました。

「ホッケはペンケースに似ている」

デイリーポータルZでご活躍の乙幡啓子さんがホッケを食べているときに思い付いて、作ったいきさつ、制作過程はこちらに詳しいです。

出典 http://www.tokyokitsch.com

出典 http://www.tokyokitsch.com

中身はちゃんと干物。

◆ アジなケース

出典 https://fancy.com

アジなケース(2551円)
通販サイトにアップされた事で、外国人からも絶賛されたのがこちら。そういえば海外には干物ってありそうでないかも…。

Fancyで見つけた「アジナ テイスティー フィッシュ ペンシル ケース」は、日本人ならではの発想が楽しい、魚プリントのペンケース。「魚の匂いがするの?」「怖いけど、なぜか魅力的」など、海外からは驚きや慄きの声も寄せられているようだが、アジの干物を愛する日本人としては誇らしいくらいだ。

出典 http://isuta.jp

◆ サンマさんケース

出典 http://www.tokyokitsch.com

サンマさんケース(2551円)
サンマは他の干物よりも細長いのでペンケースに向いていると思いますよー!

出典 http://www.tokyokitsch.com

やたらリアル。

◆ 全種類揃えてみたい

出典 http://www.tokyokitsch.com

通販で購入が可能な東京キッチュというサイトでは、その他の種類の干物ポーチも掲載されています。時々テレビ番組や雑誌などで取り上げられると、入荷までに時間がかかってしまうそうなので気になった方は早めにチェックしてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス