燃えるような恋をして意中の殿方とはじめてのお泊り。幸せの絶頂も束の間、なんだか殿方の様子がおかしい…まさか?!

正直男性側の一方的な意見を申し上げますと、付き合って間もない女性が盛大にいびきをかかれたら少なからず引いてしまうでしょう…なぜならいびきは可愛く可憐な乙女のイメージからかけ離れているからです。

しかし、いびきは男女問わずかくものであり、意外と自分自身のいびきに対して無頓着であります。この記事ではそんないびきの対応策を伝授いたします。

いびきの原因とは?

いびきは誰でもかいてしまう危険性があります。

いびきとは睡眠時の呼吸に伴う雑音のことです。睡眠中は全身の筋肉が緩み、舌を含むのどの周りの筋肉も緩みます。寝ることで重力が下に落ち込み、気道がより狭くなり、そこに空気が通ると周囲の組織が振動していびきが起こります。

いびきの主な原因は「鼻づまり」「肥満」「疲労」「飲酒」「風邪やアレルギー」が考えられます。またこれらの要因が重なるとさらにひどいいびきとなります。

風邪気味だけど→残業して→飲んでから帰宅→こんな日は爆音のいびきを天まで轟かせている可能性大ですねw

簡単にいびきは改善できます!!

いびきは少しの注意で自分で改善することが出来ます、原因ごとに治し方を紹介します。

●鼻づまり

慢性的に鼻づまりになりやすい場合は血管収縮剤の入った点鼻薬を処方してもらうと鼻からの呼吸が一時的に楽になります。点鼻薬でいびきが改善した場合は、鼻づまりが原因なのでレーザーメスによる簡単な手術でほぼ解消します。耳鼻科で相談してみましょう。

●肥満

肥満の人は食事療法や運動を行い、減量しましょう。肥満は、いびきや睡眠時無呼吸症候群の大きな原因になります。肥満の人は標準的な体重の人に比べて気管が圧迫されやすいからです。また、肥満は様々な病気のリスクを高めます、まさに百害あって一利なし!

肥満の基準は「体重kg」÷「身長m」=35以上の人は高度肥満とされています。

気になる方は食事制限をはじめてみてはいかがでしょうか?

●疲労

仕事が忙しくてゆっくり休む時間が取れない人はどうすればいいのでしょうか?そんな人は寝る姿勢を変えてみてください。仰向けに寝ると重力の影響で気道がふさがりやすくなってしまうので、体を横向きにしたまま寝るといいでしょう。また枕の高さが合っていない場合があるので、寝具を見直すのもひとつの方法です。

●飲酒

お酒はのどの筋肉をゆるめ、気道の閉塞を起こしやすくします。また水分で舌も大きくなり鼻づまりもしやすくなります。お泊りの日は深酒しない・飲むのは寝る2時間前までとしましょう

●風邪やアレルギー

これはこれからの季節非常に厄介ですね、特に花粉症はいびきの天敵と言えるでしょう。いびきをかくと口呼吸になります。のどが乾燥したり、ホコリが侵入したりして炎症の原因になります。炎症すると、気道が狭くなるので、さらにいびきをかきやすくなります。乾燥・花粉の季節は、外出時はマスクをする&寝室に加湿器をつけ喉を乾燥させないようにしましょう。


いかがだったでしょうか?意外と簡単にいびきは予防・改善することが出来ます。女性だけではなく旦那さんや彼氏がいびきをかく場合にも効果的です。

いびきは健康な人はかかないといわれています、もしパートナーがひどいいびきをかく場合は何らかの病気を抱えている可能性があります、一度病院への受診をすすめるべきでしょう。

この記事を書いたユーザー

マスターお肉 このユーザーの他の記事を見る

頑張ります!

得意ジャンル
  • 話題
  • スポーツ
  • 動物
  • 社会問題
  • 育児
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら