昔に比べて、妻も独身時代の勤め先で働き続ける共働き夫婦家庭が増えています。

共働き夫婦家庭は、夫の収入と妻の収入の二つの収入があるために、専業主婦家庭より貯蓄がしやすそうなのですが、専業主婦家庭よりも貯蓄ができていないというデータがでています!

世帯としては収入額が多いはずなのに、これはなぜでしょう?

共働き家庭が貯められない理由について、女性の素敵なマネーライフを提案するサイト「WomanMoney」よりお教えします。

【あなたにオススメの記事】
浪費してしまう人にオススメな「貧乏貯金」って知ってる?

出典hin255 / shutterstock

■収入があるから「ちょっと使っても大丈夫」と思っている

共働き夫婦家庭は 夫の収入と妻の収入の二つの財布があります。それぞれが“独身時代よりは収入が増えているのだから、家計には余裕があるはず”と思ってしまっています。

妻も働いている上に家事もしなければならず、「疲れたからちょっと甘いもの……」「早く帰らなきゃいけないからタクシー」と、支出額を増やす行動をおこないがちです。

専業主婦家庭は夫の遊興費等をおこづかい制にしているところが多いですが、共働き夫婦家庭はそれぞれが働いていることもあって、お互いの外食や遊興費にも寛容な傾向にあります。

■家庭費を、項目毎に分担している

共働き夫婦家庭でよく伺うのが「主人の口座からは家賃や光熱費、電話代などが引き落とされ、食費はわたし持ちです。これで家計費はなんとなく折半しています」というもの。

この方法は“家計管理”には適していません。

それぞれが負担している金額は把握できますが、“家計全体として”いくらかかっているかが把握できないからです。「節約しなければ……」という気持ちにはならないのです。

また、「俺は(私は)これだけ負担している!」とそれぞれが思いがちで、お互いに対する思いやりが欠けることもあります。

■貯蓄できるようにするにはどうすればいいか?

まず、自分達の趣味や遊興費以外の、1ヶ月に使っている家計費を書き出します。

前月の引き落とし額やレシートを参考にするといいでしょう。

つづいてそこに「貯蓄したい額」を足します。

この金額が二人で負担しなければならない金額なので負担割合を決めて、それぞれの収入から持ち出し、家計用口座にいれます。

そこから家賃の引き落としや食費の支払いを行います。1ヶ月経って足りなくなれば、2人で家計費を見直すようにしましょう。

それぞれが家計の担当部分を払うのではなく、2人で家計全体の“必要額”を把握することが大事なのです。

いかがでしたか?

収入が多くても、使えば貯蓄はできません。収入額と貯蓄できるできないは比例せず、(収入ー支出)の額が、貯蓄できるできないと比例するのです。

稼ぐ能力ではなく、管理する能力が大事なのです。


【あなたにオススメ記事】
こんなところも見られてる!? 「住宅ローン」を借りられる or 借りられない人の違い
「貧乏貯金」って知ってる? 浪費してしまう人にオススメな理由!


WomanMoney(ウーマンマネー)は、「輝く女性に向けて素敵なマネーライフを提案」をメディアコンセプトに、いつまでも輝いていたい女性にむけて、お金に振り回されなくなるお役立ち情報を発信するサイトです。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス