出典 http://www.amazon.co.jp

記事提供:TOCANA

民俗学などに興味がある人を除き、多くの日本人は「獅子舞」や「神楽」といった民俗芸能を「ダサい」と思いがちだろう。だが、そんな人こそ、写真家・西村裕介による写真集『The Folk』(リトルモア)を手にとって見てほしい。

黒幕を背景に撮影された民俗芸能の写真は、その衣装の鮮やかさ、動きの躍動感、そして、洗練された「かっこよさ」をあなたに感じさせてくれるだろう。

いったい、なぜ西村氏は民俗芸能の世界へとレンズを向けたのだろうか?そして、あたかも広告写真の如くに洗練されたこの写真から、彼は何を伝えたかったのだろうか?そこには、民俗芸能に対する「恐怖」という感情が影響していたという…。

鬼木の臼太鼓踊り(熊本県)

――西村さんが民俗芸能を撮影しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

西村裕介(以下、西村) もともと、全く民俗芸能に触れたことがなかったのですが、2012年に、明治神宮で行われた『明治天皇百年祭~郷土芸能奉納』というイベントに足を運んだのがきっかけです。

これは、岩手県の「大槌の虎舞」や「金津流獅子躍」など東北各地の郷土芸能が集まって奉納を行う祭りでした。夜の境内で奉納される芸能の照明は、松明とろうそくだけ。そこには、暗闇の中で力強くうごめく民俗芸能の姿があったんです。

間近で見ていると、息遣いまではっきりと聞こえてくる。それはとても「怖い」経験でした。

津和野八坂神社の鷺舞(島根県)

――「怖い」とは?

西村 「美しいんだけど怖い」「神々しいんだけど怖い」といった、神秘的な恐怖でしたね。そのような感情は、日本独特だと思いました。その体験に感動し、岩手県の「鬼柳鬼剣舞」を皮切りに、全国各地の郷土芸能の現場に足を運ぶようになりました。

――明治神宮の暗闇で触れた「恐怖」を発端として、民俗芸能の写真集という構想が生まれたんですね。

西村 郷土民俗芸能を題材に撮影するカメラマンは少なくないのですが、多くの人はその祭事の様子を撮影しています。そうすると、芸能に携わる人々の生々しい姿を捉えることはできるのですが、僕があの場で感じた感情だけを伝えることができない。

そのため、黒幕を背景にして、衣装を身につけた人々を撮影するということにしました。

市川の天衝舞浮立(佐賀県)

――確かに、西村さんの写真は、土地や環境から切り離された民俗芸能そのものの力強さや美しさと同時に、どこか根源的な畏怖のような感情を掻き立てられます。

ところで、民俗芸能というと「村社会」「閉鎖的」という先入観がありますが、取材は難しくなかったのでしょうか?

西村 
ほとんどの祭事は閉鎖的ではなく、たくさんの人に自分の地域を訪れてほしいと思っています。

集落の中で行っている行事なので、誰が何をやるのかまでみんな細かく知っている。だから、彼らにとっては、他の村や町から来た人が芸能を見に来て、輪の中に加わってくれることが一つの喜びでもあるのだと感じました。

実際に撮影の交渉をしてみると、祭事当日にも関わらず、僕の熱意に答えて頂き、「5分なら」「10分なら」と快諾してくれたんです。

――『The Folk』には、北海道から沖縄まで全国各地で行われる49の祭で撮影された写真が掲載されていますが、数ある芸能の中からこれらを選んだのは理由があるのでしょうか?

西村 この本では民族学的な観点で撮影団体を選んでいません。それよりも、「天衝舞」(佐賀県)や「鷺舞」(島根県)のインパクトや、個人的な興味、そして小岩秀太郎さん(全日本郷土芸能協会)の話から芸能を選んで撮影に向かっています。

今回の写真集を撮影するために、およそ3年ほどの時間を費やしています。

パーントゥ(沖縄県)

――全国各地を飛び回っての撮影は、体力的にも金銭的にも大変なことです。それらを乗り越えてでも撮影するモチベーションはいったいどこから湧いてきたのでしょうか?

西村 郷土芸能の魅力を伝えることが、現在の日本にとって大事なことだと思うんです。芸能は日本人として生きた証であり、世界に誇れる文化だと考えています。郷土芸能が国内外にさらに認知され、日本文化を見直すきっかけになってほしいと願っています。

――「日本の文化」というと、能や歌舞伎、文楽などの芸能がイメージされますが、ここに掲載されている芸能は、それらとはまた違った魅力を秘めていますね。

西村 これらの芸能はより人々の生活に近いです。「隣のおじさんがやっていた踊り」と集落の人々が知っているように、彼らの生活の一部として受け継がれてきた文化なんです。また、能が田楽から生まれたように、伝統芸能のルーツは民俗芸能にあるんです。

笠寺猩々(愛知県)

――写真集の中で、特にこれは見てほしいというものはありますか?

西村 
どの芸能にも思い入れがありますが、個人的にはその年の豊作を祈る「予祝芸能」が好きです。

静岡県にある「藤守の田遊び」は、大井八幡宮で行われ、氏子の未婚男子である、小学生から高校生くらいまでの子供達によって踊られるのですが、田んぼの耕作から稲を刈り上げるまでを模擬的に演じて、豊作を祈願します。

子供達が生命の強さや大切さを一生懸命に体を動かして覚える姿がとても健全に見えました。

また、秋田の「本海獅子舞番楽(ほんかいししまいばんがく)」は、かつて山伏修験者達が村人たちに教えた踊りが伝わっています。

彼らが使う道具類には200年以上も前から大切に受け継がれているものもあり、それらが舞の迫力をさらに引き立てていて、すごく素敵です。

行山流舞川獅子躍(岩手県)

――一方、これは大変だった…という撮影は?

西村 鹿児島県のトカラ列島・悪石島で行われる「ボゼ」は苦労しました。鹿児島航からフェリーで11時間ほどかけて行くのですが、悪天候によって唯一の上陸手段であるフェリーが頻繁に欠航するため、なかなか島に近づけないんです。

初めて予定を組んだ時は、巨大台風が悪石島に接近しフェリーが欠航して行けませんでした。2回目のチャレンジでは、台風で島全体がやられて復旧作業していました。祭りの開催自体も危ぶまれていたのですが、なんとか開催され、撮影することができました。

――まるでウルトラ怪獣のような衣装で、とても「日本の祭り」とは思えませんね。

西村 郷土芸能は日本全国に数万件存在していて、それぞれの地域性を色濃く表しています。その違いが北と南では全然違うんです。

ボゼはどうして始まったのかは未だ分からないですが、悪石島に生息する赤っかなカブトムシに似ていて、これに関係あるのかなと個人的に思っています。

また、同じく南の芸能として有名なのが、宮古島のパーントゥ。神聖な池で、1年間にわたって落ちた草木や動物の死骸でできた泥をまとい、3体の泥まみれの神様が集落に泥をつけて廻る悪霊払いの行事なのですが、泥からは芳醇な香りが漂ってくる(笑)。

泥だらけのパーントゥが、見に来た人々を走って追いかけて泥をベチャベチャとなすりつけたり、停まっている車になすりつけて集落を廻るんです。僕もこの神様に大きなハグをもらいました(笑)。

カセ鳥(山形県)

――日本の民俗芸能というと、男根崇拝、女陰崇拝といった性の祭りが多いのも特徴です。今回の写真集には佐渡ヶ島(新潟県)の「つぶろさし」が収録されていますね。

西村 「つぶろさし」の写真は、男根が「盛っている感じ」を出すように心がけました(笑)。

けれども、男性だけでなく、女形もいいんですよ。おじいさんが演じているんですが、「ささら」という楽器を使いながら、おしりをフリフリさせて2人で踊るんです。真面目にふざけている感じが好きですね。

そして、つぶろさしがあるせいか、佐渡には子ども数が多い気がしました(笑)。

――民俗芸能が少子化問題の解決にも一役買っている(笑)。では最後に、『The Folk』を見た読者に、どのように感じてほしいでしょうか?

西村 この写真集は、郷土芸能を今までとは違った目線で見て、日本のディープな文化を知るきっかけとなってくれたら嬉しいです。

そして、読者の方にも旅の予定に郷土芸能を入れてくれたら最高ですね。郷土芸能には観る楽しみ以外にも、たくさんの素晴らしい要素がたくさん詰まっているんです。

西村裕介

1983年、東京生まれ。2007年、アートセンターカレッジオブデザインパサデナ写真学科卒業。

ニューヨークで活動した後に帰国し、東京で雑誌や広告等を中心に活動している。広告写真の撮影や、ミュージックビデオ、テレビコマーシャルの監督などを手がけている。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス