うのたろうです。

キャンプ好きですか?
冬ですけど。
キャンプ好きですか?

というわけで。
本日、みんな大好きキャンプのお話し。
じつは埼玉県の奥地にオシャレなアメリカンキャンプができる施設があるんです。

その名も……

「フォレストサンズ長瀞(ながとろ)」

カッコイイ!
もう、ダサイタマなんていわせねーぜ。
というわけで、このフォレストサンズ長瀞のご紹介です。

いったいどんなキャンプ場なのか?
ふつうのキャンプ場とはの違いはなんなのか?
なにをもってアメリカンなキャンプなのか?

見ていきましょう……

「フォレストサンズ長瀞」とは?

長瀞(ながとろ)とは、豊かな自然に囲まれた埼玉県の観光名所。
フォレストサンズ長瀞はそんな長瀞の北部に位置する場所。最寄駅は秩父鉄道「野上駅」。そんな立地にあるキャンプ施設です。

フォレストサンズ長瀞が通常のキャンプ場と違うところは「手ぶらでOK」「テントを張らなくてOK」という点。

では、手ぶらのうえ、テントもなくて、どうやってキャンプがおこなえるのでしょうか?

「フォレストサンズ長瀞」の特徴は?

フォレストサンズ長瀞の最大の特徴は「トラベルトレーラー」に宿泊するという点です。トラベルトレーラー……こんな感じです。

ようするにキャンピングカーのようなもの。しかも設備も充実してます。
そんなトレーラーハウスが19棟、そして原生林のなかにたたずむ趣あるコテージが8棟、フォレストサンズ長瀞にはあります。

そして大自然のなか、お楽しみはバーベキュー。トレーラーやコテージには全天候型のルーフデッキが装備されています。そhのため雨の日でも問題なくバーベキューを楽しむことができるのです。

トレーラーに泊まり、バーベキューをする――なんともアメリカンな感じがしませんか?

※2014年~テントを張ってキャンプすることもできるようになりました

「フォレストサンズ長瀞」のようす

こんな感じでトレーラーがならんでいます。

自然のなかにたたずむトレーラーとウッドデッキ。ちびっこたちも楽しそう。

大学生グループもべつのトレーラーで楽しそう。
トレーラーごとにパーソナルスペースが区切られているので、周囲を気にせずそれぞれがそれぞれのキャップを楽しめます。

配慮は必要ですが、わずらわしさやトラブルの危険がないというのが安心ですよね。

周辺には川もあるので散策などして楽しむこともできます。

こんな感じで直接テントを張ることもできます。

「フォレストサンズ長瀞」アクセス&詳細

【名称】フォレストサンズ長瀞
【住所】埼玉県秩父郡長瀞町本野上363
【電話番号】0494-26-6111(9:00~17:00)
【チェックイン】15:00~17:00
【チェックアウト】10:00
【定休日】なし
【駐車場】あり(無料/トラベルトレーラー宿泊棟横に1台駐車可)

【アクセス】
①電車
→秩父鉄道「野上駅」より徒歩5分

②車
→関越自動車道「花園IC」から国道140号経由で秩父方面に約25分
→国道299号線~国道140号へ、「上野町」交差点から長瀞方面に約25分

ちなみに……

出典 http://katsumushi.naturum.ne.jp

フォレストサンズ長瀞の場所の目印はこれ。
電柱にかかっている「mont-bell(モンベル)」の看板。有名なアウトドアブランドのうえ、この店舗では長瀞店限定のTシャツも販売されているので、そのTシャツをお揃いで買って着てキャンプを楽しむのもいいかもしれません。

「フォレストサンズ長瀞」にお風呂、シャワーはあるの?

フォレストサンズ長瀞にはシャワー等はありません。

ただし近く(キャンプ場から車で15分)の場所に「奥長瀞秩父温泉 満願の湯」があります。フォレストサンズ長瀞に宿泊した方は湯入浴券がついてきます。以下が詳細です。

【住所】埼玉県秩父郡皆野町大字日野沢4000
【電話】0494-62-3026

以下が「奥長瀞乳分温泉 満願の湯」の公式HPのリンクです。

まとめ

トレーラーに宿泊し、大自然のなかでバーベキューを楽しめる、そんなキャンプ場。しかも都心からそれほど遠くないというのも嬉しいポイントですよね。

友人同士でいくのもいいですし、手ぶらで泊まる場所も綺麗なのでカップルでいっても楽しめます。

そしてもちろん家族ででかければ、お子さんたちに素敵な思い出をつくってあげることもできますよ。

キャンプ初心者の人はもちろん、さまざまなキャンプ場にいったことがある方も、このフォレストサンズ長瀞では新鮮な体験ができるはずです。

ぼくもいってみたいな。
こういうらくちんキャンプ。
できれば、カップルか将来結婚して家族で。
それも子どもがまだ小さいころなんかにね。

これでもちびのころからずっとボーイスカウトやっていました。
めんどうくさいテント張りから薪集め火起こしもお手のもの。

うのたろうでした。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス