シドニー五輪男子柔道の決勝で誤審で敗れ、銀メダリストとなった篠原信一。今ではバラエティ番組にも引っ張りだこの「ポンコツおじさん」として知られています。試合当日の、篠原信一と、金メダリストになった後輩・野村忠宏とのエピソードに感動の声が寄せられています。

大誤審で銀メダルで終わった篠原…

金メダルをかけて出場したシドニーオリンピック決勝。その決勝で事件が起こりました。試合で「一本」を獲った篠原でしたが、主審がいた角度からは見えずに「有効」と判定されてしまいます。その後、篠原は「判定負け」で、惜しくも銀メダルになってしまいました。

篠原のドーピング検査を待つ後輩・野村

試合終了後、ドーピング検査が必要だった篠原。世界一になるために、世界一練習をしていたことを知っていた後輩・野村は、スタッフが帰った後も、篠原のことを待っていたと言います。待っている間、篠原にかける最初の一言を考えたと言います。

後輩・野村に篠原が言い放った言葉…

「一緒に金メダルを獲ろう」と約束していた後輩の野村忠宏。誤審で銀メダルに終わり、どう声をかけていいかわからない野村。そんな野村に言い放った一言は「メシ食いに行くぞ」。その一言に救われたと野村は言っています。

篠原の柔道家らしい姿に感動の声が多数

いかがでしたか。今は「ポンコツおっさん」と呼ばれる篠原、過去の辛い経験を乗り越えた「男の中の男」な姿に、感動の声が多数のようです。

感動した!と思った方は、ぜひシェアしてくださいね!

この記事を書いたユーザー

sumalu このユーザーの他の記事を見る

東京在住のグルメライター。ツイッター(@Yoshida_Sumalu)もフォローをお願いします!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 音楽
  • 社会問題
  • ライフハック
  • インターネット
  • 広告
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら