日銀がマイナス金利を導入すると話題になっています。
そして、株価が値上がるなど経済効果が既に出ています。

しかし、マイナス金利ってなんだ?と聞かれるとわからないという方も多いのではないでしょうか…?


調べてみても、専門用語が多くわかりづらい…。何言ってるかさっぱし…。
という方も多いと思います。

そこでわかりやすく解説したいと思います。

まずは日銀ってなんだ?

まずは日銀って何だと思うと思います。
正式名称は日本銀行です。日銀とは略称なのです。

まず、行っている一番大きな業務は日本の通貨である円を発行しています。
と言ってもお札だけです。硬貨は日本国が発行しています。
他には物価の安定と金融システムの安定という事をしています。
その為にいろんな政策しているのです。
ここでは説明を割愛させていただきます。

マイナス金利ってなんだ?

出典いつか笑って過ごせる日まで作成

さて、いよいよマイナス金利についてです。

日銀は金融機関の金融機関という側面も持っています。
これは先ほど言った金融システムの安定の仕事の一つといえます。

銀行も皆さんと同じように手元においておく必要が無いという時には日銀にお金を預けて金利を付けてもらうのです。

通常であれば一般の銀行が日銀に預けたら引き出すときに+利子で戻っています。

現行であれば0.1%ですので、例えば1000万預けていれば1001万になって帰ってくるのです。

これが日銀が今言っているマイナス金利になると-0.1となってしまうので…。
1000万円が999万円になって返ってきます。
すなわち日銀に銀行がお金を預ければ預けるほど損をするのです。

マイナス金利のメリット

預ければ預けるほど損するなら誰も預けないし、メリットなんかないのでは?と思う方も多いと思います。

もちろん、日銀が行う政策ですからメリットはあります。

銀行に預けても損するとなったらどうしますか?
自宅でタンス預金と言う方も多いと思いますが、ちょっと金融知識のある方なら株や債権を買うという手段も検討するはずです。

今回のマイナス金利の思惑はそこにあります。

銀行の貸し渋りで企業が潰れたなんて事をバブル後の不景気で耳にしたり自分自身が経験したりしていると思います。

日銀にあずけても損をするなら投資しようと一般の銀行はなるわけです。
それが株を購入だったり、どこかの国の債権、企業の債権だったりするわけですが、今回の日銀の目論見的にはそして企業などにお金を貸して欲しいのです。

企業は金を借りると新しい設備などに投資することが出来ます。
そうするとその設備が利益や雇用を産みます。
そして、皆さんの給料が上がるというのが理想です。

更には金を貸しやすくなる為、金利が下がります。みんな貸してくれるなら金利が安い所に借りに行きますよね?
一般市民で考えると住宅ローンやクルマのローンが安くなりローンを組んで購入がしやすくなるのです。もちろんこちらも理想ですし、すぐになるわけではありません。

マイナス金利のデメリット

なんだいい事だらけではないか…。

いいえ、そんな訳はありません。それならもっと早くに導入していますよね?

デメリットについて解説します。

まず、先ほどメリットで金利が下がると言いましたが…。
もちろん、借りる金利が下がれば、貸す金利も下がります。
すなわち、預金の金利は下がります。

一般的に言われているのはここまでですが、普通に考えてもう一つあります。
銀行が金を日銀に預けずに貸す…。
そうなんです、貸すんです…。
もしも返ってこなければ…。もちろん、銀行は審査をしますし、出来る限り取り返そうとします。

もちろん、ヤミ金ではありませんので、てめえこの野郎とヤクザが出てくることはありませんし、法律の範囲内です。要するに破産や倒産されるとそこまでなのです…。
残った財産から回収しますが、回収できる財産があるなら破産も倒産もしませんよね?

なので損をするのは銀行です…。
その銀行の損したお金は元は私達の預金です。
これが起こると金利は更に下がります…。
そして、最悪銀行が倒産して国の保証である1000万円を超える分は返ってきません。
こちらも想定する最悪のケースです。先ほどの理想と一緒で必ず起こるものではありません。

さて、この政策でどうなるのか?

日本より先に導入されている国も多いのですが、その一つスイスでは、このマイナス金利を導入した結果、利息が下がり、預金に金利がつくどころか、引き出し手数料などの金額が上がるなどしたという例があります。

日本でどうなるかはわかりませんが…。理想通りに作用してくれれば日本の経済は徐々に成長していきます。
間違えないで欲しいのは良い方にも悪い方にもすぐにどうこうなるわけではありません。

企業がお金を借りて新しい事に投資してそれが儲かる。もしくは失敗して返せなくなる。という事態になるまでの間は成功失敗の判断がつかないのです。

上がるのは日本経済の好転への期待で買いが先行する株価だけ…。
というのが一般的な状態かもしれません。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら