たっぷりのアゴ髭に鼻の下の口髭、胸元に見える濃い目の体毛。しかしこの写真に写る人物は男性ではありません。写真の人物は、ハーナーム・コウル(Harnaam Kaur)さん、23歳の女性です。現在は、英・バークシャーでティーチングアシスタントとして働いているハーナームさんは、11歳の頃に口髭が生え始め、その後はアゴ髭や胸毛など多くの体毛が生え出し、それはどんどんとそれは濃くなってゆきました。

病気のせいで体中に濃い体毛が・・・

ハーナームさんにその様な症状が現れた理由は、多嚢胞性卵巣症候群という病気によるもの。多嚢胞性卵巣症候群とは、排卵が阻害され卵巣内に多数の卵胞がたまってしまい、月経異常や不妊を生じることがある病気。その他にも、肥満男性化、月経異常などの症状が表れるのが特徴です。ホルモンの関係で、ハーナームさんの様に、髭が生えたり体毛が濃くなったりなどの症状が出る事もあります。

全身がまるで男性の様な体毛で覆われてゆく事は、10代の女性にとってとてもショッキングな出来事でした。週に2回はワックスを使って脱毛し、それ以外の体毛を剃り、できるだけダブダブの服を選んで腕の毛が見えない様に工夫しました。

しかし体毛は濃くなる一方、学校では「ニューハーフ」といじめられ、ネット上で恐ろしい言葉を投げつけられる様な事もありました。10代の少女だったハーナームさんの心はひどく傷つき、次第に引きこもる様になります。外に出ると多くの人から物珍しいものを見るような目をされ、その好奇の目が怖くてたまらなく、部屋に鍵をかけて一歩も家から出なかったといいます。「当時は、とにかく誰にも会いたくなかった」というハーナームさん、自殺を考えた事もあったそうです。

シク教との出会いが外に出るきっかけに

そんなハーナームさんに転機が訪れたのは16歳の時でした。それはシク教の教えとの出会いでした。しかしシク教では散髪や脱毛は許されていなかった為、ハーナームさんの両親は、シク教への改宗に反対でした。髭を生やし、濃い体毛をそのままにしていたら、娘は幸せにはなれない、そう危惧したのです。しかしハーナームさんは「本当の自分を偽り隠して生きることに疲れてしまった。もう自分は自分自身の為に生きてゆきたい」と両親を説得しました。

シク教では、体は神様からの贈り物であり、とても大切なものだと考えます。その贈り物は性別で分けるという事はありません。男のように見えようと、女のように見えようと、この体が神からの大切な贈り物だということに変わりは無いという考えなのです。その教えはハーナームさんの心を解き放します。

ようやく解放され自由になったと感じていたハーナームさんでしたが、実はシク教徒になって一年が過ぎた頃に、親族のプレッシャーから髭を剃り落としてしまった事がありました。けれど鏡で髭のない自分の姿を見たハーナームさんは「まるで自分が自分でないよう」と感じて泣きました。自分で自分を否定してしまった様な気持ちになったのでしょう。他人に髭の事で何かを言われる事よりも、自分が自分を否定してしまった、その事がハーナームさんを深く傷つけました。

ありのままの自分を愛してくれる家族の気持ちを感じて

そんな時、心の支えになってくれたのが弟の存在でした。弟はハーナームさんを抱きしめると「髭が生えている姿はとても美しかったよ」と言ってくれたのだそうです。ハーナームさんは、もう二度と髭を剃らないと心に誓いました。

自分が本当の自分らしくある事、それを受け入れ愛してくれる家族がいる事、それはハーナームさんに大きな力を与えました。「私は、どのようにあるがままの自分を愛せばいいのかを学びました。そして自分のことをもっとフェミニンに、もっとセクシーに思えるようになりました」誰にも会いたくないと引きこもっていたハーナームさんでしたが、今では年頃の女性らしく、お洒落やメイクにも積極的に取り組んで楽しんでいます。

それでも、外に出て他人に会うと好奇の目にさらされる事もあります。そんな状況も、今のハーナームさんには、以前の様に辛くて外に出たくないと思う原因にはなりません。

「みんな、まずはわたしの髭を見て男性だと判断します。けれどその後に胸があることに気が付いて混乱するんです」

「私は、すべての女性は自然のままで美しいものだと思っています。それをみんなに気がついて欲しい」とハーナームさんは語りました。そして、病気などで同じ様な体の悩みがある人は勇気を持って欲しい、その周りにいる人達は理解して欲しいと考えているそうです。

「ありのままの自分を受け入れる事」これは簡単そうでいて、とても勇気のいる難しい事だと感じます。けれどそれが、私たちが本当の意味での、心の解放と自由を感じられる近道なのかもしれません。自分の中の大きなコンプレックスを見つめて受け入れる、その先には一体どんな風景が見えるのでしょうか。ハーナームさんの写真と言葉を見ていると、改めてそんな事を考えさせられます。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス