先日の金曜ロードショーで、ジブリの大ヒット映画「魔女の宅急便」が放送されました。今回で再放送は13回目を数えましたが、平均18.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率をマーク。その根強い人気を示す結果となりました。

出典 http://www.ntv.co.jp

劇場公開は1989年ですが、何度見ても色あせない面白さとその世界観は、世代を分け隔てることなく愛されています。

そんな中、ある1枚の画像ツイートが大きな反響を呼びました。

都会色に染まってしまった「3年後のキキ」


こちらの画像は「雑誌アニメージュ」の1989年9月号に掲載されていたもの。物語から3年後の16歳となったキキが、一張羅の黒いワンピースを脱ぎ捨て、ストリートスナップ常連の読書モデルのような表情で、流行りのファッションを身にまとうというもの。

すっかり都会色に染まり、垢抜けてしまった彼女の姿には「がっかりしたような、寂しいようななんとも言えない気持ちになった」「女の顔をしてやがるぜ…」「男を知った女の顔など、動揺を隠しきれないファンたちの声でネット上は溢れかえっていたようです…

“3年”もあれば、女は化けるわ…

Licensed by gettyimages ®

ずいぶんと反響が大きかったようですが、実質3年という年月は、10代の少女がオトナの女性へと成長するのには十分すぎる時間でしょう。

そして、オトナの女性へと変貌を遂げていたのは「アニメのキキ」だけではなく、「実写版のキキ」も例外ではなくて…!

遡ること2年前、実写版でキキ役を演じた小芝風花さん

出典 http://eiga.com

約500人が参加したオーディションで、主人公キキ役を見事に勝ち取った小芝さん。当時若干16歳でした。

出典 http://beamie.jp

小芝風花(こしば・ふうか)
生年月日:1997年4月16日(18歳)
出身地:大阪府
血液型:A型
特技:フィギュアスケート
趣味:お菓子作り

武井咲の妹キャラクターを選ぶ『ガールズオーディション2011』でグランプリを獲得し、ドラマデビュー。2014年3月には、映画『魔女の宅急便』で主演を務め、同作で『第57回ブルーリボン賞』の新人賞を受賞。映画、ドラマ、舞台で急成長を続ける期待の若手女優さんです。

世界的な人気を誇るジブリアニメの名作『魔女の宅急便』。スクリーンでは最大級の輝きを見せた小芝さんですが、その裏には想像を絶するプレッシャーと苦悩があったようです…

そんな彼女が「キキになるまで」を語ったインタビュー内容を一部紹介します。

「選んでくれた方々を後悔させているんじゃないか…」

出典 http://www.cinemacafe.net

小芝:「オーディションはまったく自信はありませんでした。受けると決めてからも無理だという気持ちの方が大きくて…

受かってからは、実写版がファンの方々に受け入れられるのかな、私で大丈夫なのかなといった不安が強くなっていきました。演技もうまくいかなくて、監督に「16歳ならではの演技が見たいのに、全部一緒だ」と言われたこともありました。そのとき、私を選んでくれた方々を後悔させてしまっているんじゃないかという気持ちが湧いてきて、すごく落ち込みました。

撮影では「このセリフはこう言っていいですか? こう動いて大丈夫ですか?」って監督に聞いてばかりいたんです。そうしたら「アドバイス出すのは簡単だけど、それじゃあ誰でも同じキキになってしまう。オーディションで選ばれたのは小芝。だから小芝のままでいいんだよ」っておっしゃっていただいて。

言われた通りに動く方が、自分のアイディアを表現するより簡単なんですよね。
初めてそのことを実感したんです。

自分のアイディアを口に出すこと自体勇気が要るし、言ったことは実際にできなくちゃいけない。そんなダブルのドキドキがありましたけど、撮り終えた作品を観て初めて、実感というか、気づくことが出来た感じです。「私がキキなんだ」って。

出典 http://www.oricon.co.jp

出典 YouTube

世界的に愛されている名作だけに、実写化には賛否両論が巻き起こりました。本人のプレッシャーも並大抵のものではなかったはずです。

彼女にとっては千載一遇のチャンスであると同時に、失敗した場合はその後の女優人生も致命的になりかねない懸念もありました。

筆者は先入観を捨てて実写版を拝見しましたが、「純粋に面白い」と思いました。多くの実写映画化は、原作やオリジナルの世界観を壊すような演出やアレンジが施されているものが多いのかもしれません。しかし、アニメでないと伝わらない良さがあるように、実写だから伝わる良さってのもあるんですよね。

デビューは武井咲さんの妹役で出演の「息もできない夏」

出典 http://info-koshiba.blog.so-net.ne.jp

出典 http://xn--zck3adi4kpbxc7d2131c340f.jp

『ガールズオーディション2011』グランプリ受賞の小芝さん(当時14歳)と武井咲さん(当時17歳)の2ショット。武井さんが年齢の割に大人っぽいのかもしれませんが、小芝さんが初々しくてカワイイ♡

その後もテレビドラマ「GTO」「セカンド・ラブ」、映画「ガールズ・ステップ」、舞台「夕陽伝」など話題作に立て続けに出演。

そして現在は“あの大人気番組”に出演し注目を集めています!

「あさが来た」で、ヒロインあさの長女・千代(大人役)で小芝さんが復活起用

出典 http://hustlepress.co.jp

高視聴率を継続中のNHK連続テレビ小説「あさが来た」で、ヒロインあさの長女・千代役として小芝さんが抜擢。ちなみに小芝さんは同番組のヒロインオーディションに参加するも落選しており、娘役としての復活起用となったのです。

今年の3月には高校を卒業予定の小芝さんですが、それにしても和服がよく似合います。オトナの女性の艶姿にうっとりしちゃいますね。

出典 http://ameblo.jp

黒髪ショートカットの印象が強い小芝さん。彼女のゆるふわロングは激レア♡

出典 http://ameblo.jp

もはや「姉さん」でも通用しそうなほどに洗練されてます…

「実写のキキ」もオトナになってた…

出典 http://ameblo.jp

「いつまでも変わらないでいてほしい」という私たちの気持ちとは裏腹に、少年や少女たちが確実に大人へと成長していくのは致し方ないこと。成長期の過程でしか出せない“閃光のような眩さ”の印象が強すぎるあまり、私たち大人はそんな思いに駆られてしまうのかもしれません。

女優として、オトナの女性として、着実にステップアップしている小芝さん。でもキキの頃の良さも失うことなく、素敵な女優さんになって頂きたいものですね!

今後の彼女の活躍を期待せずにはいられない筆者なのでした。

この記事を書いたユーザー

hiraku このユーザーの他の記事を見る

ヘタクソながら執筆してます。読み手の発見、驚き、笑顔につながるような内容を心がけています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス