朝食や小腹がすいた時に食べたい優しい味のスクランブルエッグ。でもいつもタイミングを逃して焦がしたりぽろぽろにしすぎたり、とてもホテルのやつみたいに作れない…とあきらめていました。ところがフライパンを使わずに湯せんで作るというそれだけで、失敗ナシでとろとろ~なスクランブルエッグが作れました!

用意するもの

Licensed by gettyimages ®

・大き目の鍋(湯せん用)・小鍋(調理用)
・卵…2個
・牛乳…大さじ4
・バター…10g
※卵だけでも作れます。

手順1:準備

出典撮影:蜜

小鍋(ボウルでもOK)に材料(卵・牛乳・バター)を全部入れます。
この作業を始めつつ、大きめの鍋にお湯をわかします。たっぷりわかさなくても、小鍋の底が3cm~くらいお湯につかる程度の水量で大丈夫です。

手順2:ひとまずバター以外を混ぜる

出典撮影:蜜

バターはひとまず無視して(まだ溶けないので)卵と牛乳が混ざるように、小さ目の泡立て器かスプーンなどでよく混ぜます。

手順3:湯せんにかけつつ混ぜる

出典撮影:蜜

大鍋のお湯が沸騰したら火を弱め、小鍋を湯せんにかけます。弱火のままで大丈夫です。ぐるぐる小鍋の中身を混ぜているうちに、ゆっくりバターが溶けていきます。

手順4:かたまり始めます

出典撮影:蜜

弱火のままだとイマイチ固まるのが遅いので、すこーしだけ火を中火に近付けつつ混ぜているとだんだんもったりしてきます。試してわかりましたが、この段階になると泡だて器ではなくスプーンで混ぜたほうがもったりとろんと大きくほぐれます。画像のミニ泡だて器だとちょっとダマが細かくなってしまいました。ちなみにかたまり始めると早いので、火を止めても大丈夫です。
※卵だけで作ると、かたまり始めるのが早いです。

できました

出典撮影:蜜

好きなとろとろ具合のタイミングで小鍋を湯せんから外し、お皿に移して完成です!あんまり長くやっているとぽろぽろになってしまうので、自分の好みで気を付けつつタイミングを見計らってください。

Licensed by gettyimages ®

小腹がすいた時はそのまま食べれば良し、朝食にパンと一緒に食べても良し。湯せんでやるとフライパンの時よりのんびりした気持ちで作業できて、焦げ目もつかないので安心です。ぜひ試してみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス