記事提供:子ある日和

かけてもかけても、はいでしまう掛布団。そして、あれ?なんでこんなところにいるの??180度方向転換している子供達。

そして、不意にキックやパンチをされて目が覚めてしまう、ママとパパ。

なんでこんなにも子供って寝相が悪いのでしょうか?それには理由があるのです。今回は、子供の寝相の悪さについてご紹介致します。

成長ホルモンによる体温の上昇が原因

子供は大人よりも成長ホルモンがたっぷり出ています。年をとると減ってくるのですが、子供のうちはたっぷり寝ている間に分泌されます。

そして体の中心温度が下がると成長ホルモンがたっぷり出るというのです。

なので体の深部温度が下がると、深部からの放熱によって体の表面は暖かくなります。子供の手や足が温まると眠くなるといわれることありますよね。

体の表面が温まると子供は熱くなって掛布団やタオルケットを外してしまいます。

無意識のうちに、寝返りしてタオルケットやふとんをけとばして、暑さから逃げるのです。なので何度かけてもかけても布団はとれてしまい、寝相が悪いということになっているのです。

睡眠サイクルによるもの

大人と違い、小さな赤ちゃんや小さな子供は睡眠のサイクルが短いのです。ぐっすり眠っている時と少し眠りが浅くなっている時の切り替えが何度もあります。

つまり、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが短いのです。

子供は大人に比べてレム睡眠の割合が多く、赤ちゃんは脳が活発に動いているのでレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが短いのです。寝返りなどの動きはレム睡眠の時です。

レム睡眠は子供では眠りの半分を占めているので、大人よりも何度も寝返りを打ちます。

なので、寝始めた時と違う場所にいつの間にか移ってしまうのです。我が子が寝相が悪いのではなく、小さな子供はみんなそうなのですから心配しなくて大丈夫ですよ。

暑すぎる部屋で寝ていませんか?

子供が小さいと、お部屋の温度を気にしますよね。気にしすぎて、風邪をひかないように、寒くないようにと部屋の温度が熱すぎたり、布団をたくさんかけすぎたり、子供のパジャマを厚手にしすぎたりしていませんか?

子供は大人よりも1枚少な目に掛布団やパジャマの枚数を調節しないといけません。子供は大人よりも体温が高いからです。

部屋や着ているものが暑いと、布団を蹴っ飛ばしたり、部屋の中でも涼しい所へとゴロゴロ無意識に寝返りしていくのです。

ある家庭で、暖房費節約の為に寝るときに暖房を消したところ、今まで寝相がかなり悪かった子供が、ほとんど布団をけ飛ばさずに、朝まで同じ場所で寝ていたというような話があります。大人が思うよりも子供は寒くないのですね。

このように、寝相が悪いことは小さな子供では当たり前のことです。年齢とともに、だんだんと治ってきますから心配いりません。

あまりに寝相が悪い時は、部屋の温度や着るものを調節して少し涼しめにしてはいかがでしょうか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス