記事提供:カラパイア

ロシアのアディゲ共和国の山中から怪しげなブリーフケースが発見された。中には奇妙な形状をした2つの頭蓋骨が入っていた。

2つの頭蓋骨がいったい何の骨なのかは不明だが、そのブリーフケースには、アーリア人種の人種学や歴史を研究することを目的として設立されたナチス・ドイツの公的研究機関であり秘密結社「アーネンエルベ」の紋章が施されているという。

アーネンエルベとは?

アーネンエルベは、ナチス・ドイツの公的研究機関である。アーリア人種の人種学や歴史学の研究を行うことを目的として、ナチス親衛隊の全国指導者であったハインリヒ・ヒムラーらによって1935年に設立された。

先史時代や神話時代の「北欧人種」が世界を支配していたことを証明するための様々な研究活動を行っていた。

ナチス親衛隊は先史時代の巨石遺跡やキシンスキ渓谷で発生する高度の自然放射能の原因に興味を持っていたと言われている。

彼らはまた、1917から1923年に勃発したロシア内戦中に紛失したとされるコサックの財宝「黄金のクバンラダ」を捜していたそうだ。

研究者たちは、ドイツ軍が1941年に占領した際に作成したアディゲ共和国の地図も発見している。その地図の精度は驚くほど高いという。

これらの謎に包まれた頭骨や地図などの発見に学者たちは胸を躍らせ、未知の世界への足がかりとして期待を寄せている。

コーカサス山脈の西部にある、海抜5642mのヨーロッパおよびロシアの最高峰であるエルブルス山。その山頂にドイツ軍は秘密結社を築いていた。

ドイツ軍がコーカサスを舞台とした「エーデルワイス」作戦でエルブルス山を占領したことは知られているが、いったいなぜ彼らがアディゲ共和国の山中などに秘密組織を設立したのかは未だに謎のままだ。

森で発見されたもの

秘密結社が保管していたと見られる、謎に包まれた頭骨とオカルトめいたブリーフケースはカメンノモスツキーという村で発見された。

「村の男が大きくて古ぼけた茶色のスーツケースを私のところへ持ってきました。スーツケースのハンドルは皮製で、秘密結社アーネンエルベの紋章が刻まれていました」と民族誌学者であるウラジミール・メリコフ氏は語っている。

どうやらこれらの物を見つけたのは森の中の小屋で暮らしている女性らしいのだが、どこに住んでいるのかは誰も知らないという。

ウラジミール氏は、彼女が森の中でアーネンエルベの秘密の隠れ家を発見したのではないかと考えている。物品の保存状態はとてもよく、マッチなどは75年経った今でも使用できる状態だ。

ブリーフケースには公式なアーネンエルベの紋章とルーン文字が刻まれていることから、このケースがアーネンエルベの所有品ということはほぼ間違いない。

だが、いったい彼らはこのような場所で何を行っていたのだろうか?

1939に発足し、1945年まで活動を続けたアーネンエルベのフルネームは「ドイツ先祖遺産(アーネンエルベ)、古代知識の歴史と研究協会」。

先史時代や神話時代に北欧人種が世界を支配していたことを証明するために様々な研究活動を行っていた。

また、ブリーフケースと一緒に指輪も発見されており、ドイツ兵のものだと考えられている。

アーネンエルベは世界中の謎や異常現象を調べていたと言われている。チベットや南極、コーカサスまで遠征を行い、UFOや超人的な力の秘密を解明しようとしていたのだ。

アーネンエルベには輝かしい学歴や業績を持つ350人の専門家が従事していおり、ヒトラー率いるドイツ軍は戦争を有利に導こうと意欲的に新しい兵器を開発していた。

ドイツ軍はまた、戦争が始まる数年前、ソ連に対する国際協力を目的として、現在自然保護区となっているピツンダ山と、リッツァ湖をつなぐ街道を整備している。

街道整備が完了すると、ドイツ軍の科学者たちは、乗車していた車が溝に墜落し死亡するという悲劇的な死を迎えることとなった。

今日では、かつてのドイツ軍が建設したトンネルを通過し多くの観光客がリッツァ湖を訪れている。

リッツァ湖の生命の水

実は、彼らが街道を建設した真の理由が国際協力ではなく別にあった。アーネンエルベの科学者たちは、リッツァ湖の洞窟から採取できる水の構成がヒト血漿に最適だと考えており、その調査を行っていたのだ。

生命の水は銀の容器に保管され、まず沖合いまで運ばれ、そしてドイツ・スイス国境のコンスタンスまで潜水艦で運ばれ、そこからドイツに飛行機で運ばれた。

(ロシア、マイコープ大学の経済経営学のボルモトフ教授)海からリッツァ湖までを結ぶトンネルの設立も企画されていたが、戦争により中断されたという。

1942年、ブラウ作戦により南下してきたドイツ軍の山岳部隊がエルブルス山に登頂した。登山の際、ソ連軍の山岳部隊と交戦する。

ブラウ作戦の目標と関係のないこの登頂事業にヒトラーは激怒し、A軍集団司令官ヴィルヘルム・リスト元帥の解任の一因ともなる。

ドイツ軍は1942年末にはこの地域から撤退した。山頂に残っていたドイツ国旗は、ソ連軍の山岳部隊が撤去する。

1942年の秋、マイコープにある第3部隊偵察機用の空港は当時最も最先端の技術を備えており、アーネンエルべがアディゲの山中で行っていた可能性のある極秘調査を守る目的以上の働きをしていた。

マイコープはドイツ国防軍最高司令部の本部であり、そこからコーカサスに関する軍令がすべて出されていた。

1942年の秋、アディゲの山脈の防衛線はほぼ消滅し、孤立したドイツ軍は山中で姿を消すこととなった。

しかし、戦線がはるか西へ移動した1944年の8月に、なぜ部隊がペシュキシュ山へ配置されたのかは謎のままだ。

ナチスがこの山で遣り残していたこととは何なのだろうか?アーネンエルべの極秘調査と何か関係があるのだろうか?と学者たちの間では疑問が高まっている。

“先史時代のアトランティス大陸の建設”と“パラレルワールドへの玄関口”として、ナチスは古代遺跡に興味があったとも考えられる。

現在でも、この地域では色々な異常現象が噂されている。最近、地元のメディアは地上の生物とは思えない3メートルもある骨が発見されたと報道している。

神の頭骨

2年前、ボリショイタク山の洞窟で調査を行っていた研究グループが謎の2つの頭骨を見つけ、民族誌学者のウラジミール・メリコフ氏に届けている。

化石化された動物のようだが、調査を引き受けたメリコフ氏が発見したのは鳥肌ものの結果であった。

頭骨の1つを見せながら、メリコフ氏が指をさして説明を始めた。

「頭の下部にある、太い指ほど大きさのある、丸い穴を見てください。ここが背骨の付け根の位置関係から、この生物は二本足で移動していたことが分かります。

また奇妙なのは、頭蓋と顎が備わっていないことです。口には、いくつかの穴が円形に分布しています。眼窩は非常に大きく、それぞれ別の形状に成長した角をもっています。しかし、顔面の骨はヒト科の動物のように平坦なのです」

その2つの頭骨は、どの点から見ても異様で、側に並べられた熊の骨と比較しても、それは明らかであった。

古生物学者が発見した写真は首都へ送られたが※1、彼らはこのような生物はこれまで存在が確認されなかったと認識するにとどまり、もしかしたら羊の頭蓋骨が長い間水と砂に浸食され形を変えた可能性があると慎重にコメントしただけだった。

もし変形した頭蓋骨だとしたら、2つの頭骨がまったく同様の外的要素を受けたのだろうか?なぜなら、これらの頭骨の形はほぼ同じだからである。

学者たちはこれは異常なアーチファクトに執念を抱いていたヒトラーの所持品だったのかもしれないと考えている。

ある神話学者は、この頭骨は「天から来た」という意味の、角を持ったシュメール神話の神である“アヌンナキ”ではないかと指摘している。

また、アメリカの作家、故ゼカリア・シッチンによれば、コーカサスに住むアゼルバイジャン人の起源は、太陽系に存在すると仮定されている惑星ニビルにいる宇宙人であるという。

その惑星は3,600年ごとに観測できるそうだ。そして、ニビル星が地球に下って先住民と接触したのが、我々であるとシッチン氏は述べていた。

「様々な憶測が立てられるが、山中から発見された物により、我々はいろいろと考えさせられることになる」

2015年の夏に、エルブルスの猟師達が同地域よりアーネンベルブの別のスーツケースと指輪のセット、ナチスの制服を発見している。

恐らくエーデルワイス隊に属していたドイツ兵のものとみられている。指輪には山岳帽を被った兵士のプロフィールが描かれていた。

また、昨年は、同じ場所で何十年も前に雪崩に巻き込まれたであろう何百人もの遺体が見つかったと地元メディアが報道した。うち2人はドイツの猟師だったということだ。

出典:yournewswire

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス