子供の言葉遣いが悪い

子供の言葉遣いが悪くありませんか?

最近「うるせー」「やるっていってんだろう」と言葉遣いが汚くなりました

出典 http://www.heartful-com.org

子供の言葉遣いが悪くて、「どこで覚えたの?」と驚くことがあります。

言葉使いの悪い子が多くびっくりしています

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

他の子供の言葉遣いを注意して聞いていると、悪いことに気が付くことがあります。

悪い言葉も覚えて来るので、毎日言葉つかいの事で怒る事があり、疲れます

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

他の子供の影響を、どうしても受けてしまいます。

普段から悪い言葉を使う子供たちと接していると、どうしても口調が似てきます。単純に真似をしてしまう…ということもあると思いますが、同じ言葉を使うことにより、連帯感を深めるという意図もあります。

したがって、友達関係が変わると、言葉・口調も変わるということがあります。

冷静に諭(さと)す

「言葉遣いが悪い!」と怒ってはいけません。

怒られたことでかえって反発してしまうことがあります

出典 http://maternity-march.jp

子供は怒られると、無条件に反発したくなります。

使ってほしくない言葉については、しっかりと子どもに伝えている親が多かったです

出典 http://papimami.jp

しかし、行き過ぎた言葉については、そのことをしっかり指摘する必要があります。

子どもにとってはすべてが学びの過程。あせって成果を求めずに、時間をかけて子どもと向き合いましょう

出典 https://cuta.jp

子供にとっては、学びの過程であることを理解しましょう。

まわりとぶつかりながら、「良い・悪い」を学び、(常識的な)あるべき場所へ収束していくのです。子供とは粘り強く接することが大事です。※焦りは禁物です。

使ってほしくない理由を伝える

使ってほしくない理由を伝えましょう。

「目上の人は、いろんなことを教えてくれるから尊敬しないとダメなんだよ

出典 http://papimami.jp

これは、目上の人に対する暴言がNGである理由ですね。

「社会に出た時に、言葉遣いがよくないと人が離れていくよ」というように、理由もセットにするといいですね

出典 http://papimami.jp

「言葉遣いがよくないと人が離れていくよ」、「お友達ができなくなるよ」、「あなたが困ったとき、誰も助けてくれなくなるよ」などという理由でもいいでしょう。

言葉遣いが悪いと、社会に出る前の段階でも、苦労することになります。

「そういう言葉は悲しいな」とお母さんの伝え方にも一工夫を

出典 https://cuta.jp

ママの「悲しい」という感情を伝えてもいいと思います。※アイ・メッセージです。

相手の立場で考えさせる

相手の立場で考えさせましょう。

自分が言われたらどんな気がするか、考えさせるのは大切なことです

出典 http://education.mag2.com

自分が言われたらどう思うか?ということですね。

相手にも悲しい、傷付くといった感情があることを諭していきます

出典 http://maternity-march.jp

相手にも感情がある、ということを学ぶ機会になります。

乱暴な言葉遣いをした時には、そう言われて相手がどんな気持ちになるのかをお話してあげて、相手の気持ちに気づけるような声かけをしてあげてくださいね

出典 http://www.milk-box.com

自分中心に物事を考える人は、大人であっても、他人の心情を慮ることができません。そうなると、人間関係においてトラブルを抱えやすくなってしまいます。

そうならないためにも、(子供の段階から)相手の気持ちを考えることができるように、指導できればいいと思います。

親がお手本を見せる

親がお手本を見せるといいでしょう。

子どもは、親の言動を真似します

出典 http://papimami.jp

子供は良いことでも悪いことでも、親の真似をします。

早く身に着けさせようとするのであれば、親がお手本を見せるのがオススメです

出典 http://papimami.jp

したがって、親が手本となる良い例を示せばいいのです。

何回も親が教えていくことで、少しずつ使えるようになります

出典 http://papimami.jp

親は自分が悪い言葉を使っていることに、気が付いていない場合があります。子供の言葉遣いが悪ければ、まず「自分の影響ではないか?」と考えてみましょう。

そして、自分の言葉遣いを正すことです。子供の前では特に、「言葉遣いを気を付ける」という意識を強く持ちましょう。※子供の前以外でも、そうした方がいいと思います。

許容範囲であれば大目に見る

許容範囲であれば、大目に見ましょう。

どうしても使ってほしくない言葉以外は大目に見ましょう

出典 http://papimami.jp

「どうしても使ってほしくない言葉」に限定しましょう。

テンションが上がってきて段々と言葉遣いが乱暴になったりすることがよくあります

出典 http://maternity-march.jp

未熟な子供ですから、つい逸脱してしまう…ということはあります。

無理矢理封じ込めてしまうと子供もストレスが溜まってしまうので、やはり大目に見てあげるよう心得ておきましょう

出典 http://maternity-march.jp

許容範囲を狭くとって、逐一注意していると、子供にストレスがたまってしまいます。親子ともども、イライラしてしまいますね。これでは精神的に良くありません。

許容範囲をある程度広く取って、対応するようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス