ティファール電気ケトルと言えばCMでもおなじみ、すぐにお湯が沸く電気ポットの事ですがTwitterではそのケトルを利用して様々な使い方が話題になっています。

何だか目からウロコが落ちる思いがするティファール電気ケトルのアイディア溢れる使い方10個を選んで紹介します。

1・直接うどんを入れて

出典 https://twitter.com

冷凍うどんも素早く湯切り、食べたい時に即座に食べれるますね。
電子レンジよりも早い!?

うどん県民と言えば香川県「セルフうどん」があたりまえにあるぐらい自分で湯通しして温めるお店もあるとか、即座に食べたい思いがティファールの電気ケトルを使うきっかけ?

うどん好きにはうどん用(料理用)とお湯用と2つあってもいいかもしれませんね。

2・直接パスタを入れて

出典 https://twitter.com

ちょっと大胆な使い方で大丈夫?って感じですが慣れたらこれもあり。

早くお湯が沸く分、早く食べれそうですね。蓋を開けたままでゆで上げれば吹きこぼれも心配なし?湯切りも手早くできるのもよさそうです。

パスタとレトルトソースを同時に温めるとか合理的にもほどがありますよ。

3・直接そうめんを入れて

出典 https://twitter.com

うどん、パスタがOKならそうめんも…湯でものなら何でもイケそうです。

麺の場合噴きこぼれの心配があるので蓋は閉めない方がいいようですね。

4・直接卵を入れて「ゆで卵」に

優しく卵を入れないと割れることもあるので注意ですね。

半熟なら5分っていったところですかね、ゆで卵なら沸騰させて蓋して10分と言ったところでしょうか?

5・ウインナーも直接ボイルして

冷蔵庫から出したてのウインナーもティファールに直接入れたらすぐに食べれちゃう。これは便利。

6・味噌汁も直接入れて

冷めたらスイッチを入れさえすればすぐに沸きますね。
おでんなんかもいけそう?

7・レトルト系のカレーもこの通り

鍋に入れるか?ティファールに入れるか?それぐらいの違いですね。
沸いた後は勝手に電源が切れるのでそのまま保温するのもいいかもしれませんね。

早くていい感じで温まるようです。

8・缶類を温める

缶コーヒーや缶に入った料理、缶詰など直接ティファールの中に入れて温めておくのもok?

9・加湿器のないお家では「加湿器代わりに」

空気が乾燥する冬季などに重宝しそうですね。

スチーム式の加湿器ですね。お茶やコーヒーも飲めて一石二鳥です。

10・暖房がないお部屋に

ちょっと寒い時に温まる…
心もとない暖房器具?ですが暖かい飲み物と同時に多少の暖にも活躍です。

猫も湯たんぽがわりにしてほっこりです。

最後に

ティファール電気ケトルもお湯だけを温める時代はもう終わった?鍋のような使えるポットになっちゃうかも。

洗う手間がちょっと気になるもののレトルトカレーを温めるぐらいなら試しても悪くないですね。

そのうち丸洗いできるような料理専用の電気ケトルも出来そうなそんな未来が見えてきます。

※本来はお湯を沸かすことが目的の電気機器です。無理な使い方は故障の原因になる恐れがあるため、料理に使用する場合は自己責任でお願いします。

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Amebaみんなの編集局に登録してSpotlightで記事を書こう!