記事提供:カラパイア

昨年9月6日、香川県善通寺市の善通寺駐屯地にて、自衛隊第15普通科連隊の創隊61周年記念行事があったそうだ。この式典で第14音楽隊が演奏したのはボーカロイド、初音ミクのヒット曲「千本桜」である。

と、演奏途中で何かが始まったわけだが…

出典 YouTube

音楽隊による演奏の前に「今日の音楽隊はいつもと何かが違うようです」とのアナウンス。何かが起こるというのか…

なんとここでキレッキレの踊りで自衛隊員?が乱入

徐々に踊りの輪は大きくなる。

なんといううまさ!連携取れまくりじゃないか!

これには観客だけでなく自衛隊員もびっくり!

それもそのはず。実はこれ、陸上自衛隊第15普通科連隊創隊と第14音楽隊が、フラッシュモブ専門会社「フラッシュモブ四国」と協力して行われたどっきりだったのである。なので踊っている人は自衛隊の方ではなく本職の方である。

本当に自衛隊員が踊っているかと勘違いしちゃったわけだが、実際にこの動画、海外の投稿サイトなどに投稿されていて、日本の自衛隊が本当に踊っていると勘違いされているようだ。

タイトルとか「Japan Self-Defense Force Members Breakdance While Performing Hatsune Miku Song」だもん。

このまま伝言ゲームのように拡散されていくとこれ、完全に日本の自衛隊員が踊ってると認知されちゃうんだろうな。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス