満面の笑みで、カメラに向かってWピースをキメる…この男性。

実は彼、フィリピンのマニラから、世界のベストビーチにも選ばれた『ボラカイ島』へ行くために飛行機に乗ったところ、なんと、乗客が自分ただ一人だと知り…大喜び!テンションが完全に突き抜けていたんです。(笑)

夢のような経験を味わったこの男性。名前は“Alex Simon”さんと言いまして、世界を旅するユーチューバーなのですが、過去にたくさん飛行機に乗ってきたという彼も、このような経験は初めてだったとのことで、終始、興奮が収まりません。

完全に“プライベートジェット”と化した飛行機。

男性のキャビンアテンダントと

女性のキャビンアテンダント。

そして、機長と副機長の計5人でいざ、ボラカイ島へ!(笑)

なお、乗客1人という…この状況。普通なら、逆に息苦しくなりそうですが、さすがはユーチューバー。全力でプライベートジェット気分を楽しみます。

『今日のスケジュールはどうなっているんだい?』

キャビンアテンダントを、まるで秘書のように扱う“Alex”さん。その姿は、まさに大企業の社長そのもの。

そしてなにより、キャビンアテンダントの女性もノリノリな所が…本当に素敵すぎますよね。

あっという間に過ぎ去ったという…夢のようなひと時。

では、とっても貴重な経験をした“Alex”さんの…興奮伝わる羨望動画。ご覧下さい!

出典 YouTube

羨ましすぎる!

ちなみに搭乗した飛行機がコチラ!プロペラ機とはいえ、この飛行機を独り占めしたのですから、これは自慢できますよね。

笑顔で飛行機を後にする“Alex”さん。なお、帰りの飛行機は残念ながらプライベートジェットではなかったそうです。(笑)

気さくなキャビンアテンダントのおかげで、終始、楽しめる事が出来たと語る“Alex”さん。彼にとってこの出来事は、一生忘れる事の出来ない想い出となったことでしょうね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス