記事提供:CuRAZY

1月18日は、関東での大雪により、首都圏の交通網は大混乱となりました。

筆者の私も、改札を通るまでに30分以上かかるという、とんでもない状況に巻き込まれました…。

そんな中、相模鉄道の駅員さんが書いた鉄道案内の文字があまりにも雑だと話題になっているのです。

文字の大きさがバラバラで、かなり不安定な文章です…。

その汚すぎる案内文に対し、ネット民は笑ってしまった模様。

しかし、その日は電車遅延による大幅なダイヤの乱れ。そして大雪による寒さと、とても大変な状況だったんです。

そんな状況を理解されている方も多いようで、駅員さんの文字をフォローするコメントも相次いで投稿されました。

寒さで手がかじかんでいたという意見や、こうした雑務は若手が行うのでパニックの中で一生懸命書いたんでしょうというコメントが目立ちました。

電車利用者として、同じ状況を体験した私からすると、あの混乱の中でこれだけの長文を下手ながらも一生懸命書いた駅員さん、本当にご苦労様でした!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス