興味を持つようにする

相手や相手の話に、興味を持つようにしましょう。

関心がなかったりして、何も喋らない

出典 http://homepage2.nifty.com

興味を持つ・持たないで、全く結果が変わってきます。

他人というものに、少しばかり興味を持つようにする

出典 http://dic.nicovideo.jp

興味がなければ、表情は硬いままで、話そうとも思いません。

人間のコミュニケーションの諸々に興味を示し、笑顔のタネをどんどん拾い上げて笑ったり感心したりすることだと思う

出典 http://p-shirokuma.hatenadiary.com

興味があると、硬い表情から生き生きとした表情に変わります。

普段あまり話さない人でも、自分の得意分野になると、それまでとは表情や雰囲気を変えて話し出す…ということがあります。人は興味を持てば、気分が高まるのです。その気分の高まりが相手に伝染し、(話が盛り上がり)コミュニケーションが上手くいくということになります。

したがって、これまでよりも「興味を持つ」ようにしましょう。冷めた態度はNGです。

人と目を合わせる

コミュ障の人は、人と目を合わせません。

ほとんど人と目を合わせることができない

出典 http://comyusyo.nerim.info

恥ずかしいとか、自分に自信がないためです。

「目は口ほどにものを言う」と言われるほど大事なのが、話している相手と目線を合わせること

出典 http://woman.mynavi.jp

しかし、コミュニケーションでは、目を合わせることが大事です。

目を見て話さない人は、どんなに話していることがすばらしくても、相手には半分も伝わっていないかもしれません

出典 http://woman.mynavi.jp

他所を向いて話すと、相手に「自分と目を合わすのが嫌なのかな?」と思われてしまいます。コミュニケーションの最中に、相手に余計なことを考えさせてしまうということです。※これはよくありません。

これでは、コミュニケーションが上手く行きません。これまでよりも、目を合わせることを意識しましょう。

相手の気持ちを読む

コミュ障の人は、自分のことで精一杯で、相手の気持ちを読もうとしません。

他人の気持ちを無視したような行動をしてしまいがちです

出典 http://comyusyo.nerim.info

その結果、(悪気がなくても)相手の気持ちを無視することになります。

友達が全く興味のない話も、自分が好きなことであればずっと話してしまいます

出典 http://makeyousmile.info

相手の様子にかかわらず、自分のペースで話をしてしまうということがあります。

コミュ障の人には、他人の顔の表情や声の調子、身振りや手振りといったコミュニケーションの手段を理解することができないという特性があります

出典 http://comyusyo.nerim.info

相手の表情や口調、しぐさから気持ちを読み取る努力をしましょう。※気持ちを読み取る能力がない、ということではなく、そこにリソースをさけていない、ということだと思います。

人のことを気にしすぎないようにする

人のことを気にしすぎて、話せないというケースがあります。

必要以上に空気を読み、自分の発言がその場を悪くするのではないかと思い、その結果として人に嫌われるのでないかと考えてしまい、何も喋れない

出典 http://dic.nicovideo.jp

自分が話すことによって、「その場の雰囲気が悪くなるのではないか…」、「無意味な発言(つまらない発言)をすることで、迷惑をかけるのではないか…」と考え、発言を自重する人がいます。

人のことを気にしすぎることも、問題になります。

少しぐらい人から嫌われても気にしないようにする

出典 http://dic.nicovideo.jp

「変なことを言って、嫌われるのではないか…」という恐れは、コミュニケーションにおいてマイナスにしかなりません。仮に失敗するとしても、行動せずに失敗するよりは、行動して失敗する方がいいのです。

人のことは気にしすぎないようにしましょう。

臨機応変に行動する

臨機応変に行動することを心がけましょう。

「融通の利かない人」、「状況判断のできない人」

出典 http://makeyousmile.info

コミュ障の人は、柔軟性に欠けます。

環境の変化によって判断するという行為がとても苦手

出典 http://makeyousmile.info

状況の変化に応じて柔軟に対応する、ということができません。※だからコミュ障なのです。

コミュニケーション障害のクライアントさんは朝ジャケットを着ていくと、日中どれだけ暖かくなってもジャケットを脱ぐことはありません

出典 http://makeyousmile.info

普段の行動から変えましょう。

状況に応じて柔軟に対応することを意識します。妙な意地を張ったり、マイルールで自分を縛ったり…ということは、やめます。

臨機応変に対応する・行動することが、いいことだと考えましょう。

少しでも自信を持つ

コミュ障の人は、自分に自信がありません。

満ち足りた自信は、コミュ障改善には効率的である

出典 http://komyusyoulife.com

自分に自信を持てば、コミュ障ではなくなります。

他人が例えこいつが不細工だなぁと最初は思っても、人の気持ちは変わるもの!次に会う時にはそんな気持ちは持たないし、気にすることは無いのだ

出典 http://komyusyoulife.com

自分のまわりを見渡してください。

たとえば、容姿が劣る人でも、堂々としている人がいるはずです。そんな人は自分に自信を持っています。人は初対面で相手に「容姿が悪いな…」という印象を持っても、何度か会ううちに慣れてしまいます。

何とも思わなくなるのです。※コンプレックスを気にする必要はありません。

自分に自信が付けば、人と接する気持ちになり、会話を繰り返すうちに、徐々に人との距離感を掴め、コミュ障、話し方も改善していくことでしょう

出典 http://komyusyoulife.com

自分に自信があれば、人と接することを避けようとは思わなくなります。それだけで、コミュニケーション能力が上がるということです。

自分に対する自信ほど、大切なものはありません。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス