こちらの女性芸人をご存知ですか?

出典 http://a.excite.co.jp

写真左は橋本小雪さん。右は中野聡子さん。

あれ、見覚えがありませんか…?
メイクが薄いのかもしれませんね。

ではこちらの写真はどうでしょうか。

出典 http://www.cave-be.net

もうお分かりですね。
「ダメよ~ダメダメ」が大流行した日本エレキテル連合のお二人です。

インパクトある見た目、独特の芸風。

初めてお二人を見たとき、女性がここまで自身の顔を使って笑いをとることに筆者はとても驚き、正直受け入れがたいところでもありました。
お二人のコントうんぬん以前に、このスタイル自体に苦手意識を感じる人もいるかもしれません。

そんな中、橋本小雪さん扮する「朱美ちゃん」のインスタグラムを見かけ、日本エレキテル連合の凄さにようやく気がついてしまったのです。

「朱美ちゃん」のインスタ写真を一部ご紹介。

はじめはふざけてるのかと思ったんです。

2枚、3枚と写真を見ていくうちになぜか惹き付けられていく自分がいました。

一気に見ていきましょう。

白塗りメイクで顔の原型はとどめていないし、笑ったり泣いたりという明らかな表現をしていないのに、オーラで語っているかのような作品たち。
とんでもない表現者ですよね。

筆者が一番気になった写真はこちら。

何度見てもゾクッとします。
今まで気持ち悪いとさえ思っていた人を一瞬でセクシーな印象に変化させた一枚です。

これらの作品、実は相方の中野さんがプロデュースしているそう。

中野さんは美術系の短大を卒業しており、日本画を得意としています。
書道もとてもお上手な芸術肌。
一方、橋本さんは海外留学の経験もあることから、独特の感性が磨かれたと言えそうです。

普段から行動を共にする仲の良いお二人、互いを知り尽くしているからこそ魅力的な作品ができあがったのでしょう。

もはや笑いの世界を通り越し、芸術の域である朱美ちゃんのインスタグラム。
ファンの方はもちろん、あの芸風はちょっと苦手…と思っているかたも是非覗いて見てくださいね。
テレビでは見られない朱美ちゃんの表情にゾクゾクすること間違いありませんよ。

この記事を書いたユーザー

さかいまりも このユーザーの他の記事を見る

プラチナライターになりました。
歳をとっても「おんなのこ」らしくありたいと願うズボラ主婦。
プチプラ、可愛いもの、チョコレート好き。
札幌、新潟、東京、埼玉を行き来しています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス