2016年がはじまり早々に、野々村元議員のスキンヘッド初公判が話題になっていますね。そして、本日、STAP細胞論文の不正問題で、理化学研究所を退職した小保方晴子さんが手記を出版する、というニュースがありましたね。ん?この二人、当初は同時期に話題になってましたよね…。

 STAP細胞論文で不正が認定された理化学研究所の元研究員小保方晴子氏(32)が28日に手記を出版することが27日、分かった。タイトルは「あの日」(講談社)で初版5万部。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

「2014年」「キセキの世代」とネットで命名されてた

野々村元議員、小保方晴子さん、佐村河内守さんたちを「キセキの世代』 と呼ぶ動きが、2014年の前半にネット上で起きていたのを覚えていますか?

「キセキの世代」再びじゃない?という声多数

予知能力があった人も…

思い出したのはきっと予知能力の一種ですよ。

また再来するという「予感」で話題に上がってきたのではないでしょうか。

新たな逸材が生まれる前に、リターンしてきましたよ…。

果たして、佐村河内さんがメディアに再び現れることはあるのでしょうか…?今後を静観しましょう。

この記事を書いたユーザー

yummiest このユーザーの他の記事を見る

最新グルメ、アクアエクササイズ・プチプラファッション・ホロスコープなどを日々調査してます。転職サイトや、編プロ、電子書籍ストアの編集・ライター経験あり。ユニークな活動を行う団体や個人の発掘、支援ができるライターを目指しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス